仙ヶ岳登山道のロープ取り付け

近所のおじさん(東海自然歩道の維持管理の役をしている)に頼まれて、仙ヶ岳の登山道のロープ取り付けに行って来ました。
取り付けと言っても、もともとロープはついているので、更に1本取り付けるというものです。
古いロープを取り外さないと危険なのではないかと思いますが、おじさんはそのままでええと言います。

140329-01





石谷川堰堤の上に車を停めて、
140329-03




この奥です。
140329-02




ツツジが咲き始めました。
この色のツツジは早春に咲きます。
なんというツツジかは知りません。
140329-04




滝谷不動祠の方へ向かいます。
140329-05




壊れかけた営林小屋を越えて、
140329-06




炭焼き窯がいくつかあります。
140329-07



ロープ取り付け1本目です。
140329-08



ロープ取り付け2本目。
140329-09
ロープより、橋が危ない気がします。
でも、ここまで運ぶのは大変そうです。




全部でロープを4ヶ所に取り付けて、不動明王祠の近くの鞍場まで来ました。
ここで引き返します。
140329-10




途中に倒木がコースを妨げていた所があったので、
140329-11



持って行ったノコギリで切りました。
こんな事があるだろうと思って、いつものノコギリを持って行きました。
140329-12
ここまで来て木を切れるとは、シ・ア・ワ・セ 。
おまけに山登りに来たおじさんたち6人組に「ごくろうさまです」とねぎらって頂きました。




サワグルミの花が咲いています。
クルミ科ですが、松笠のような実です。
140329-13




里では春の花の饗宴です。
140329-14
140329-15





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#154 No title
登山道と言ってもかなり厳しいですね。
ご苦労様でした。
営林署の跡とか炭焼き窯の跡など、せつないものもありますね。
#155 No title
仙ヶ岳登山道の南尾根コースは危険な方かもしれません。

炭焼き窯は結構山奥に多いです。昔の人はすごいです。奥山で炭を焼いて天秤棒で前に2俵、後ろに2俵かついで降りてきたとの事です。私は平地でも真似しかねます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する