今日もいつもの山へ

やっぱり今日も山へ。
N本くんの薪搬出です。

140302-01


2回搬出してもまだこれだけ残っていました。
今回で3回目です。
140216-09
割れなさそうな玉はここで縦切りです。
長さも、長すぎのが一杯あったので切り直しての積み込みでした。



積み込みが完了して、まだ積載スペースに余裕があったので、
更に伐採です。
140302-04
道路沿いのヤマザクラです。
重力方向にこかすと、例によって電柵直撃です。

ロープをかけてハイエースでテンションを掛け
140302-05
N本くんが伐ります。

横方向に受け口を切り反対側から追い口を切って、かなり控えめで止め
ハイエースで更に引っ張って、
140302-06
無事こけました。道路の上に。

切り口はこんな感じで、ツル(切り残す部分)の山側を多く残しました。
樹が重力方向に倒れる力に対抗する為です。
車で引くのなら平行で多めに残しておいても、強引に横へ伐倒できたかもしれません。
140302-07



今回もN本くんのキャラバンはほぼ一杯です。
140302-08


積み込みを終えてからN本くんと山の中を散策しました。
そしたらなんとカシやシデが伐られていて、まだ切り口は新しく、
さらにコナラの皮がむかれていていました。
同じ地主さんなので今シーズンうちに頂く事にしました。
といっても私は置く場がないので、N本くんがまた来る事に。

車を道のどまん中にとめて山の中にいたら軽トラがやって来たので、
あわてておりていくと隣の地主さんでした。
道沿いの木を伐採したのをみて「さっぱりしたのお」と喜んでくれました。
ついでに「あの木伐らせて」と極太のコナラを指さして頼みました。
今風に言うなら「薪活」といったところでしょうか。
そしたら笑顔で「伐ってくれ」と言ってくれました。めでたしめでたしです。






我が家では、隣地の梅がかなり咲いてきていい匂いが漂っています。
140302-03



うちの庭ではアセビが咲き誇っています。
このアセビ、白いアセビでしょうかピンクのアセビでしょうか?
私にはわかりません。
シャリーさんならわかるかな?
140302-02



今シーズン2回目のフキノトウ収穫です。
1回目は大晦日に天ぷらにしました。
今回は蕗味噌にするとのことであります。
140302-09





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#129 No title
ピンクのアセビです。白い方は標高の高いところに多く、ピンクはその逆です。薪活大事なことですよね。きちんと丁寧に薪狩りをしているからこそ、地主さんも信用してくれて「伐ってくれ」言ってくれたんだと思います。こちらも薪活頑張りますわ。貰ってばかりではあかんでな。お互い常日頃から薪狩り現場はないか探したり情報網を張り巡らして、頑張りましょう。良い現場見つかったときは連絡するので、応援よろしくお願いします。
#130 No title
そっか、やっぱりピンクアセビやったか。
そういえば山で見るアセビはもっと白いもんな。

ほな薪活頑張ってけれや。
楽しみに待ってんでえ。
とゆうても、そんに思いつめてあせらんでもええで。
気楽におもろうやってこにさ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する