空気中の浮遊物質


きのうのこのブログで

>晴れてはいるのに、なんか霞んでいる感じです。
>これって、騒がれている汚染物質?
>テレビ見ないのでわかりません。

と書きました。
きのうは三重県内でPM2.5の注意喚起が出されていたようです。
「激しい運動や不要不急の外出をするな」
と激しい運動をしてしまってから知りました。


でもPM2.5って粒径が2.5ミクロン以下のやつってことしか知りませんでした。



日本エアロゾル学会のホームページからの抜粋です。

   ↓↓↓

I. PM2.5とは?
Q1. PM2.5とはそもそも何なのでしょうか?
→A1. 空気中に浮かんでいる小さな粒子のことをエアロゾルと呼びます,そのうち,粒径2.5μm(マイクロメートル,ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子をPM2.5(一般的にはPM2.5と書くことも多い)と呼び,その大きさから人間の肺の奥にまで到達しやすいとされています。ただ,PM2.5は最近急に発生したものでなく,太古の昔から一定量は地球上のどこの大気にも存在しています。また,自然起源のものと,人間の活動により発生するものがあり,自然起源のものについては原始時代から人類は呼吸してきたものです。 (工学院大学・並木,産業技術総合研究所・兼保)

Q2. PM2.5とはどんな物質ですか?
→A2. A1でも記したようにPM2.5は粒径2.5μm以下の微粒子と言うだけで,その中身は何も規定されていません。その中には硫酸塩や硝酸塩の様な塩類,ディーゼル排煙中のススのような黒色炭素,数千種類にも及ぶ有機化合物(その中にはたばこの煙の成分や,発ガン性を指摘されているベンゾ[α]ピレンのような多環芳香族化合物など多種多様な物質が含まれます),金属成分など様々なものが含まれています。一般的にはPM2.5の主要な成分は硫酸塩や硝酸塩などの塩類と有機化合物です。(東京農工大学・畠山,埼玉県環境科学国際センター・長谷川)





ということだそうです。

PM2.5という単語だけが世間をとびまわって人民を恐怖のどん底におとしいれてている気がします。
たしかに良いものではないけれど、「今すぐどうかなってしまう」ような物ではないのではないかと。
脳天気すぎますか?





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する