FC2ブログ

薪狩り納め

2020年の薪狩り納めであります。
M森くんとK嶋くんと私の3人参加です。

まず、3日前に伐倒して放置してあったヒノキ、元で40cmクラスの数mが斜面に寝ています。
201229-01




初めは長いままでハイエース牽引での引き上げにトライしたもののタイヤが空転してダメだったので、途中で切っての分割引き上げかつチルホールも使用して、なんとか上がりました。
201229-02




そしてエノキの伐倒であります。やはりハイエースのタイヤが空転してダメだったのでチルホールで牽引伐倒となりました。
201229-03




結論から言うと、私はとんでもないミスを犯していました。太い藤の蔓が樹冠部につながっているのを見落としていたのであります。前回にヒノキに登って蔓はすべて切り離したつもりになっていましたが、一番強そうな蔓がある事に気づいてませんでした。





というわけで、狙った倒伏点からはもうまさに真横に近い方向に倒伏しました。
201229-04




主幹部のまんなかあたりは宙に浮いているので下からは危険で切れないので、なんとか斜面に載せなければなりません。
201229-05




私は一時茫然自失してしまいましたが、眺めていても事は進まないので、まず体勢が大きく変化しないように樹冠部を切り離しました。
201229-06




その後の途中はどのように解体していったかあまり辿れないし撮影もする気になれないくらい必死で、ハイエースとチルホールを駆使して伐木をでんぐり返しながら当初に狙った方向へ移動させて行き、元玉4個分1.6mを斜面の途中に残した以外の部分は引き上げました。
201229-07




あまりに初歩的で技量以前のミスでありましたが、なんとかM森くんとK嶋君の持ち帰り分を確保出来たので救われました。木のサイズから言って3人分はもともと無理だと思っていたので、結果的にはそこそこOK、むしろ今後の為の良い薬になりました。インスペクションは本当に大切です。




まだこの伐根の下に1.6mの元玉が寝ています。なんとか回収しようと思っています。勿体ないとかの気持ちもさることながら、意地です。自分の失敗に対するケジメです。
201229-08




樹冠部の枝もそこそこ細い部分まで捌いておいたので、後日搬出します。ヒノキの太い部分は今後まだ斜面からの搬出の際のコロに使います。
201229-09




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する