FC2ブログ

墓地の隣の林 完了

12月4日金曜日

本日、有給にて墓地の隣の伐採です。N本君も参加です。

伐るのはあと1本だけです。
墓石に近いので要クライミングです。
201205-01




前回同様、スピードラインで枝を強制的に墓から遠ざけて降ろしたあとはトップカットですが、隣木が迫っていて墓側の方向しか空いてないので、一応吊ります。思いつきなので残した枝でナチュラルクロッチリギングです。が、ズッコケです。落としてしまいました。落ちた後の転び方で墓の上に掛かるのが不安で吊ったのですが、吊った枝が墓の反対側だったので落ちた位置も遠かったので良かったです。





そして断幹を数回繰り返して短くしてから伐倒です。





トップカット後の写真ですが、使っているロープは10mの物なので、木に巻いている分を差し引いても樹高は20mくらいあったのかも知れませんね。そんなにある気はしなかったですが。
201205-03




これで対象木の伐倒は全て完了です。
201205-02




N本くんの軽トラはまあまあ一杯で、
201205-04




今回は私も持ち帰りました。
201205-14




12月5日土曜日

残るは枝打ちのみです。
201205-05




残す木にはスパーで穴をあける訳には行かないのでロープアクセスです。ロープロケットは両足とも拘束出来るので、枝を切る時のポジショニングで足を踏ん張れるのが利点です。
201205-06




蔓まみれなので切った枝がぶら下がって墓の上に落ちるといけないので、
201205-07




一応スリングで枝を確保します。
201205-08




切った枝を引っ張って、付いてきた蔓も確保して切ります。
201205-09




最後はなんとしても届かないので折れなさそうな枝でポジショニングして枝先へリムウォークして、なんとか蔓を絶ちました。
201205-10





そんな感じの枝打ちを数本繰り返して、完了です。
1回目の時に手伝ってくれた親戚のニーサンが午後に1時間ほど柴片付けを手伝ってくれて3時には終了しました。
201205-12

201205-13

最初の写真です。
201206-90


スピードライン用にしていたスリングが名誉の負傷です。まあ、これでも細枝くらいになら使えるでしょう。
201205-15




かかった日数は4日、のべ10人といったところです。
登った木 10本
  スパークライミングで断幹後伐倒
      ツブラジイ 1本
      スギ・ヒノキ4本
  ロープアクセスで枝打ち
      スギ・ヒノキ5本
伐倒した雑木小径木は数知れず



地主さんに完了の報告をしたら大変喜んで下さいました。次の木につながると嬉しいです。




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する