FC2ブログ

耕耘機 HONDAプチな 復活

最近3回も記事にしている耕耘機 HONDAプチな の修理、キャブレターがまずいのだろう事まではなんとなく判って、それを直そうとして前回撃沈したのであります。

新しいキャブレター、農機屋ナリッシュで買いました、税込み11,500円ほど。
注文時の品番16100-ZN4-A52だったのが、入荷したのは-A53となっていて若干の変更(改善)がなされているようでした。
200829-05




取り付けたら普通にエンジンかかって、回転も安定してました。





早速、イノシシに荒らされて穴ボコだらけの場所を耕起しました。ここは隣家の土地なのですが、草がうちの畑に侵入するので刈らせてもらってます。
200829-01




写真では凸凹具合が判りづらいですが、イノシシが荒らした直後の写真が下です。こんな感じが3回くらいあったと記憶しています。とにかく草が刈りにくいのです。
160605-01




耕耘機で耕起して柔らかくなったのを、
200829-02




トンボで均して終了であります。
200829-03



耕耘機はまたしばらく使わなそうなので、燃料コックをOFFにした状態でアイドリングが止まるまでエンジンを動かして経路に残った燃料を(腐って詰まるのを防ぐ為に)使い切り、キャブレターの下のネジを緩めて(この時は燃料コックON)タンク内のガソリンを抜き取りました。タンクキャップは緩い目にして揮発しやすいようにしておきます。どうしても配管上、燃料コック手前のゴム管が燃料コックより低いので排出しきれないからです。



スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する