FC2ブログ

HONDA プチな キャブレターいじり

3つ前の記事(リンクあり)で耕耘機HONDAプチなのエンジンがかからない事を書きましたが、続編です。



灯油に浸漬してあったキャブレターを出して、そこそこ汚れを落として乾燥させて組み付け、エンジンをかけてみましたら、やはりこのくらいでは復活しないのですね。



この写真の赤丸の奥にメインジェットがあって、それが吸気の途中に突き出た筒に繋がっています。
200816-01




それを取り外して中をのぞいたら、向こうが見えません。わが家で一番細いであろう針を刺しても突き抜けはしないのですが、両側からつついているうちに向こうは見えるようになりました。あとはパーツクリーナーとエアで掃除して組み付けて、エンジンをかけてみました。そしたらエンジはかかりました。やっとです。ただ、回転が上がらないし安定しません。もう私にはわかりません。
200816-02


今は盆休みで農機屋も休みでしょうから、休み明けにでも農機屋に聞いてみようと思います。




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する