FC2ブログ

ウーピースリングほか、伐採・木登り関連




来シーズンに向けて何点かの道具を買いました。

ウーピースリング 1.5m
ウーピースリング 3m
リギングリング付きデッドアイスリング2m
コンパクトスプリングブロック





まず、ウーピースリングですが、用途はローププラーや滑車などの引っ張りの力が掛かる器具を台付けする為のスリングです。今までテキトーなベルトスリングを使ったり、ロープの切れ端を使ってましたが、長さ調整が楽に出来るようにする為のスリングがウーピースリングです。長さ調整出来るスリングはほかにも種類がありましたが、なんかウーピースリングの仕組みがおもしろくて買いました。

下の写真は1.5mのウーピースリングにブロックを装着して一番絞った状態です。Bは筒状になっていて、そもそもこのスリングの元の材料となるロープがホロウブレイドと呼ばれる種類の芯のないロープなので、その中をAが潜っていてテンションが掛かるとAをBが締め付けてズレなくなるという原理の調整システムです。反対側の末端は固定アイスプライスとなっています。

で、注文時にサイトでは何m-何mという表示は無く1.5mという呼び寸表示だけだったので、1.5mと3mの2種類を買った訳です。使用時のサイズ選択の為にそれぞれ最短mと最長mを測定してみました。

ウーピースリング1.5m 最短時は1.1mありました。という事は30cmくらいの木にチョークでセットすると15cmほど余るので器具を取り付けるのにちょうど良い感じかと思います。それ以上細い木だと余りすぎて使いづらくなるかも知れませんが、1.5mより短い設定は無かったのでしかたありません。
200620-01




ウーピースリング1.5m 最長時は2mありました。
200619-02
こうなってくると1.5mという呼び寸は中間的な長さで決めたという事ですかね。まあ1本のロープを人間がウーピースリングに作り上げる訳ですから細かい事言うなという事でしょう。




同じくウーピースリング3mというのを最短でセットすると1m強、
200619-03

最長だと写真に入りきらないですが半分に折った所で1.7mですから3.4mという事になります。こうなると直径1mの木にセット出来る事になりますが、あまり出番がない気がします。
200619-04




リギングリング付きデッドアイスリング2mは、有効長で2m強です。デッドアイスリングの場合はティンバーヒッチで使う事になると思うので、直径35cmくらいまでの木にセットするのが最大のような気がします。これは樹上で使う物なのでこの長さで十分な気がします。リギングリングなるものをリギングで使った事はないのですが、かなりの強度があるようです。ただ、シーブではないので摩擦があるので軽リギングに限定した方が良いそうです。
200619-05




何度か樹上で不便な思いをしたので、スイベルを更に追加、PETZL SWIVEL Sを買いました。左のは前に買った安いGMのスイベルです。
200619-06




寄せ集めのトリプルスイベルが出来上がりました。所詮趣味なので十分です。
200619-07




スパイクセンダー、更に使いやすくする為に2ヶ所ほど手を加えました。
次の写真は以前の状態で、ロープ外れ防止アルミプレートを自作追加した時点のものですが、
200214-08




ロープセット時にカムの突起にロープが掛かりやすくする為にM3ネジ切りしてナベ小ネジを取り付けました(A)。またロープ外れ防止アルミプレートには操作性向上の為にツマミ的にφ3ナベタッピングを付けました。これだけの事で実に使いやすくなりました。5,400円で買ったにしてはもう十分すぎます。
200619-08



以上、きのう6/19金曜日 会社は7日目の一時帰休でしたが雨だったので車庫でロープ登りの練習してたらODSKからスリング類が届いたのでゴソゴソしてました。

本日6/20土曜日は草刈り三昧&物置片付けでありました。








スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する