FC2ブログ

薪ストーブと煙突の掃除




そろそろ煙突と薪ストーブ ESSE IRONHEART (エッセ アイアンハート) の掃除をしなければなりません。
こちらはまだエアコンを使ってますが、北の方や標高の高い地方から薪ストーブ初焚きの書き込みを見かけるようになりました。
190929-31




まずは煙突掃除です。屋根上3.5mほどです。伸ばせるものならもっと伸ばしたいです。引きが弱いのです。
190929-32




トップです。外して来て屋根の上でビニール袋の中に入れて掃除します。
190929-01

190929-02
大して煤はついていません(と私は感じます)。




そして煙突内部の掃除です。ランヤードを掛けています。安全より何より両手を使えるのが助かります。
190929-03




わが家の畑方面の風景、毎回撮っています。何年後かに昔のを見て変化を楽しみます。
190929-04




谷樋の掃除も毎回、ついでにやっておきます。今の時期はまだ落ち葉が来てないのでもっと遅い方のが良いのですが。梅雨前にもやらないと不安です。詰まると谷樋の水位が増して隙間から室内に雨水が漏れます。
190929-05




煙突の煤はまあこんなもんでしょう。
190929-08





そして薪ストーブ本体の掃除をします。
まずは灰を取ります。春先の灰は細かくて綺麗です。火持ちさせると灰は燃えきらない黒いのが混ざって良くないです。
190929-07

灰缶に一杯になりました。
190929-06




排煙口からオーブン室背面に左腕を突っ込んで30cm定規で煤をこそげます。使い捨ての不織布のツナギを買っておけば良かったと後悔です。腕は真っ黒です。爪は短く切ってから作業をしてますが、それでも爪の周囲は黒いのが取れにくいです。
190929-18




天板のフタ(ドッグボーンプレートと呼ばれています)の裏もいつも通りです。左は火室なので舞い上がった灰が付着、右側は煙が滞留するので煤が多いです。
190929-13

190929-12
本体側の天板の下もいつも通りです。




バッフル板をはずして外へ持って行って掃除+チェックです。
190929-11

横から見るとかなり反っているのがわかります。
これは2013.10.20の記事(過去記事リンク有り)で作製したバッフル板で、6シーズン使ってこんな状態になってしまいました。
190929-10

隙間が出来てしまってます。
190929-09
溶接で埋めました。




今回は腕を突っ込んでの掃除をしたので、宿便みたいな煤も取れたので量は多いです。袋の上からの写真だけですが、高さは10cmほどです。
190929-16




煙をオーブン行きか煙突行きかを切り替えるダンパーです。2016.10.18(過去記事リンク有り)に作り替えて3シーズン使えましたが、昨シーズン終わりに動きに違和感があり、見えない場所なのでやむなくシーズン終わりまで使いましたが、やはり柄が逝ってます。折れてはいないですが、柔らかいんです。ちょうど加工硬化による内部欠陥が出来た状態と同じ感触です。
190929-14

φ6丸棒を3年前に買っておいたのが役に立ちます。
柄を溶接し、先端にM6ネジ立てして付け換え完了です。
190929-15





という訳で、もういつでも焚けますが、まだ焚く気にはとうていなれません。
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1715 No title
今晩は。
 構造が複雑な分、メンテが大変ですね。
バッフルほか自作とはすごいです。
純正を買えば目が飛び出るのでしょう。
 薪ストーブの煙突では聞いたことがないのですが、ダクトファンみたいなのがあると良いですね。
#1716 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
バッフルの純正は、目が飛び出るくらい高いというのもありますが、それに見合う強度がありません。トラブルが多いからか鋳物製に変更になったとは聞いてますが、たぶん価格に見合う強度があるとは思えません。次は更にゴツいのを作ってやろうと思っています。重すぎて取り付け時に苦労するとは思います。

ダクトファン、強制排煙システムみたいなのはあるようですが、常時それでは停電の時に困るので、扉をあけて火室で調理する時だけ強制排煙出来るのがあったらいいなと思っています。煙突の横っ腹にチーズで分岐して耐熱性のファンが付けられないかなあと。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する