FC2ブログ

1ヶ月ぶりの草刈り ほか




ほんま、ネタがありません。
草刈りくらいしかしてません。
頭の中はクライミングギヤのことで一杯です。



盆休みに入った8月10日に刈ってもう1ヶ月です。少々草の勢いが落ちた気はします。
190908-01

とはいうもののヤブガラシという蔓草の勢いはスゴイです。
190908-03

190908-02

田んぼの土場はというと、
190908-04

190908-05
ほんとに伸びてません。地主さんが撒く除草剤が効いているのでしょうか。




昨シーズンというか春に混合したガソリンがまだ刈り払い機の中に残っていて、それを使い切るべく伸びてもない草をあちこち刈って、
190908-07

進入路も刈って、
190908-08

下の田へ降りていく畦道も刈って、やっとガソリンが無くなりました。
190908-06




土場から帰って家の草も刈り、
190908-09

ここはイノシシが掘った穴があって刈りにくくて困ります。
190908-11


妻が耕作放棄してしまってヤブガラシの楽園になっていた一角を刈り、近々椎茸榾場にしようかと目論んでいます。
190908-14

パンパスは今が一番見頃な感じです。台風が来たらクシャクシャになるでしょう。
190908-13
パンパスは株が小さいうちは背が高くなりますが、株が大きくなってくると高くならず見映えがしません。




気分転換に、こんな物もいじってます。
190908-12
フットアッセンダーの上にスパーを履いてみましたが、これは少々無理がありそうなので、、、

こんな感じで行こうかと。
190908-16




安楽峠へのジョギングの帰りにサルナシの木を(今年は実がなってないなあと)見ていたら、後ろからやってきた車が止まって 「どうかなさいましたか?」 と話しかけられて、30分くらい話し込んでしまいました。その理由は、赤い字の部分です。
190908-15




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1709 No title
今晩は。
 納屋の景色が隠れ家の風情が有って良いです。
簾の横のテラスで読書されるのでしょう。
 草刈りもなかなか大変です。
私も、刈るところはいくらでもあるのですが、1タンクで止めます。
近所や知り合いも困っていて、3,4件から暇そうな私に依頼が来るのですが、丁重にお断りしています。
お金を貰えばややこしい感情の行き交いが発生するし、無償ではやる気もでないしと、一度引受けると毎年プレッシャーが増えていくでしょうし、プロに頼むようにと進言しています。
 “フット・アッセンダー” 、こんなのもあるのですね。
登ってからの作業こそが目的で、体力温存の一助でしょうか。

#1710 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
隠れ家の風情でありますか、嬉しい形容ですが植物が繁茂しすぎて隠れているだけであります。宿根アサガオもユキヤナギも元気が良すぎです。読書スペースは葦簀の際です。葦簀だけでは少しだけ傾き始めた午後の日差しを遮り切れないので暑いんです。以前はポプラが遮ってくれてましたが今は遮ってくれる木がありません。少し余分に昼寝してると 「早う仕事せんかい」 とばかりに照らしてくるので起きるしかありません。

草刈り、1タンクはかなり刈れますね。お金の問題は難しいです。私もそろそろリタイア後の収入源を考えて有料での伐採を模索中なのですが、今まで無料で伐らせて頂いていた地主さんには無料で行くつもりですし、同じ地元同士で差を付けなくてはならなくなります。

フットアッセンダーはスパー(スパイク)との共存が困難なので、スパーにネジ止めするスパイクセンダーなるものがその次の写真の右下の青いヤツです。まさにそのとおり、体力温存が目的です。今まではハンドアッセンダーとそれに付けたフットループで尺取り虫的に登高してたのですがチェンソーほか道具をつけての登高はしんどくて、たかだか10mくらいでも途中で休憩したくなります。うまく調整すれば梯子を登る動作で両足だけでの登高が可能になり、登高下降を繰り返しても楽させてもらえそうです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する