FC2ブログ

停電は台風10号のせいではなかった




備忘録 です。



大型で強い(だったかな?)台風10号が四国の西部に上陸するとの予報があった8月15日の昼間の事であります。

12:52停電しました。
瞬停があってすぐ復旧したかと思ったら次は窓の外に火花のようなものが(たぶん車の窓に反射して)目に映り本格的に停電しました。その時、偶然にも妻が納屋の方に行っていて電線から大きな火花が出たのを目撃しました。妻は慌てて叫びながら家に戻って来て私にその事を伝えました。それで見に行ったら、わが家への引き込み線が明らかに切れていて末端が少し垂れ下がっていました。

すぐに中部電力に電話して事情を伝えたら配電盤の方へ行ってくれと言われ、指示通りに操作してみました。まずメインブレーカーは落ちておらず漏電ブレーカーが落ちていたので、漏電ブレーカーのリセットボタンを押してからそのスイッチを上げて見ましたら、すぐにまた落ちました。個々のサーキットブレーカーはすべてONの状態でした。

14:50中部電力が復旧工事に来てくれました。メインブレーカーを落としてから復旧作業にかかってもらいました。
190815-01

15:50復旧しました。
漏電ブレーカーは正常にON出来たので、ほっと胸をなで下ろしました。
引き込みが断線しているとなぜ漏電ブレーカーが落ちるのかとの問いに中電さんは、切れていたのが白線(N)で他の2本(L1、L2)も損傷していてワイヤを介して正しくないつながり方になったりして200Vが片方に流れたりしたので宅内の機器保護の為に漏電ブレーカーが落ちたとの回答でした。

復旧工事は暫定的に繋いだだけなので、後日恒久的な張り替え工事をしに来てくれるとの事でした。

断線部分です。
190815-03




<考察>

断線の原因は、隣の電柱と引っ張りあいっこしているワイヤーと引き込みの電線が干渉していた為に長い年月(1988年にそれまで2本線だったのを3本線に引き直して50A契約にしてから約30年)の間に電線の被覆が損傷した事によるものと思われます。なので中電さんは電線を傷つけないようにワイヤーにクッション材を巻いて行かれたのだと思います。
190815-02




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1693 No title
発電機は出動したんかえ~?
#1694 No title
おお~シャリーさん
発電機出動の前に中電が来てくれた(停電後2時間)で直るのを待ったわ。修理が翌日になるのやったら出動させんとアカンと思っとったけど。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する