FC2ブログ

生薪の本積みがついに完了、今シーズンの集計




前回終了時に2箇所の薪棚にまだ空間があり、
190707-06

190707-03

野積みの生薪はこれだけ残っていました。
190707-07




ひたすら運んでは積んで2箇所の薪棚は満杯になりました。
190713-01

190713-03
8尺三脚脚立に橋板を掛けてコンテナに入れた薪を持って上がるやり方、見た感じより楽でした。欲を言えば橋板が木製なので滑りやすいので濡れてるとヤバイので軽量かつ滑り止め付きのアルミ製足場板が良いですね。




高い方の薪棚には崩落防止を番線で取り付けました。杉林の伐採の時に3mの半割りを取って置いたのが役に立ちました。
190713-04




2箇所の薪棚が満杯になってしまってこれだけ残ってしまいました。ちょうどくらいかと思っていたのですが私の目測は当てになりません。
190713-05



 
やむなく改造予定だった薪棚に積みました。これでこの薪棚の改造は4~5年は先に伸びてしまいました。
190714-01



で、今シーズンの収量ですが、

重量級(カシ・クヌギ・ケヤキ・ヤブツバキ等、今シーズンはコナラ皆無) 10立米
    このうち5立米弱が家積みで5立米強が土場積みです。

中軽量級(ヤマザクラ・タブノキ・スダジイ・ホオノキ・エノキ・ムクノキ・針葉樹) 10立米
    すべて土場積みです。

ということになりました。スギが多かったというのもありますが合計20立米は私にとっては異常です。今シーズンに焚いたのが8立米弱(コロを含まない)でした。今シーズンはコロもめちゃくちゃ多いです。なんとかしないと際限なく薪小屋が増えて行ってしまいます。特にスギ・ヒノキをもっと誰かに引き取ってもらわないとどうにもなりません。




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する