FC2ブログ

庭木の手入れ





なんとか雨は上がってくれたので、さっさと庭木の手入れをやってしまいます。
190616-72




久しぶりの地下足袋です。私は長靴派なので滅多に地下足袋は履きません。5年前に買ったファスナー地下足袋、少し破れてますがまだ履けます。
190616-71




松の新芽が結構目立って気になってました。
190616-75




長く伸びた新芽を、本当は選んで摘むのだそうですが、私はもう一切伸ばしたくないので新芽は全部摘んでしまいます。
190616-76




松の緑摘み、1時間ほどで完了です。
190616-77
トウカエデの切り株から切り出した板、役に立ってます。根元なので目が入り組んでいて割れません。




サツキも剪定して、庭木の手入れは2時間ほどで完了です。また秋までは中の草を取るくらいです。
190616-78




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1669 No title
今晩は。
 薪はいくらあっても困らないはずなんですが、置き場所がなくなってくると考え物ですね。
折角の薪棚増設も、軟木が大半を占めているともったいない気がします。
薪ストーブ初期の頃、20年以上前の杉を貰ったことがありましたが、スカスカだった記憶があります。
適度にはけていけば良いですが。
 庭師の親方に聞くと、サツキは花が終わったらすぐ剪定してもいいそうです。
花柄をとる手間も省けるからだそうです。
 今、親方に剪定屑受けシートを頼んでいます。
ネットでは、価格とサイズが適当でないので、仕事で使っているのと同じ物を組合で買って貰います。
それが手には入ったら、我が家も庭木の剪定を始めます。
松は剪定が早すぎて、再び新芽が伸びています。
#1670 No title
yamadagagaさん、おはようございます。
薪は集める段階で金がかかっています。それに保管するのにも金がかかるので、趣味と割り切れる限度を超えての量になってくると対策も必要ですね。そうは思いながらもつい受け入れてしまっているのですが。受け入れざるを得ない状況にもありますし。

薪は限度を超えた年数の保管は乾燥しすぎで軽いです。今回2014シーズンの薪を裏の小屋の中へ移しましたが、5年たつとコナラでも何やらボケているような軽さです。全くボケていないのですが。それがスギならもうスチロールのような軽さでしょう。

サツキは開花後に剪定と決めていますが、なかなか花殻まで除去できないですね。どうしても遠慮がちな剪定になってしまいます。そのせいでドンドン大きくしてしまいました。今さら少し強めに刈り込んではいますが枯れそうなのと穴があいたりで見苦しくなるので気を使います。剪定屑受けシート、わが家の場合はコンクリなので普通にレーキとブロワで楽に掃除は出来ます。ただ、捨てている場所が剪定屑やら家の樹木伐採柴やらでどんどん大きくなっていってます。そこに草が生えると非常に刈りにくいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する