FC2ブログ

田んぼの薪小屋4号建て




土場の杉薪を積む棚が無いので、とうとう田んぼの薪小屋4号を建てます。
といっても、初めっから部材を刻んで建てる訳ではなく、先日まで家で野積み棚として使っていた物を土場へ移設します。




まずはその移設する野積み棚を解体しました。ボルト止めなので簡単ではありました。
ボルトだけでもステンにしてあったので固着もありません。ボルトにもらい錆び風の汚れ程度です。
アングルは真っ赤に錆びてますが、まあまだまだ大丈夫でしょう。
190525-01




部材の一部を新作します。上部の横架材です。屋根をもう少しキチンとしたものにしたいので長さが物足りないんです。今までのは屋根勾配を付ける為に軒先側の2x4材を横使い(上の写真)にして、たわんで下がるのを積んだ薪で支えてありました。なにせ仮設に屋根を強引に掛けただけの物だったからです。なので下地からの波板の出も20cm以上あり積雪時や台風時はヒヤヒヤもんでしたが、意外と大丈夫なものなんですね。
190525-02




筋交いも今までは無く、積んだ薪の剛性だけで持たせてましたが、年々傾いて来ていました。
さすがに筋交いは必要だと思い、32xt4フラットバーを現物合わせでネジ立てして取り付けました。
190525-03




屋根以外は完成です。
190525-20




先日のS木さん宅剪定枝のタブノキを先に積んでから杉薪を積みます。
190525-05




倒れ止めに途中に網を敷くと良いとは聞いてますが網も安くはないので廃ロープを80cmに切って2列間に渡します。なるべく薪の隙間にではなく薪がロープを踏みつけるように積んで行きます。
190525-06




本日終了時の状態です、残りの分は十分積めそうです。
190525-07

↓これはBEFOREの薪の量ですが、半分以下には減ったと思います。
190511-10




ケヤキを持ち帰ろうと思っていたがまた今度です。
190525-08




コレが届いたと妻から連絡が入ったので薪いじりは切り上げて、帰って草刈りです。
バッテリーは既に何個も持っているので本体のみの購入です。エンジン式刈り払い機はあるのですがU字ハンドルなので広面積には向いてますが障害物のギリギリを狙うには不向きで、ループハンドル式のが欲しいと思っていました。長時間使う事も少ない事だし充電式で十分だと思ってこれにしました。
190525-09
マキタMUR185LDZ(このLDZのLはループハンドル、DZは本体のみに付く品番)




山椒の実を収穫しました(妻が)。
今年は異様に豊作、昨年の倍以上あります。山椒が子孫を大量に残そうとした理由はなんでしょう?不吉な前兆でなければイイですが。
190525-10





スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1663 No title

今晩は。
 薪は、納まるところに納まりそうですね。
棚がグレードアップして、長期の在庫になっても安心です。
薪を前後に積む場合は、2/3高さぐらいで総巾に枝を敷いても良さそうですが、実際にやったことはありません。
 草刈り機の取り回しは、ループハンドルが細かな動きが出来て良い感じです。
友人は疲れると言いますが、それほど長時間使うわけでなく、手持ちは二台ともおむすびのタイプです。
 
 樹種によるのか雌雄が有るのか、山椒の実をもらいに行きましたが、本日では全く実が成っていませんでした。
洗って掃除と、とても手間を食いそうですね。






#1664 No title
yamadagagaさん、おはようございます。
なんとか薪は屋根の下に収まってくれそうです。ただ、その屋根をどんな風につけるかがまだ決まっていません(薪小屋4号)。L900の横架材のセンターと両端に穴を空けてはおいたのですが。片流れにするなら片側を高くしなければならないですし、他の3棟のスタイルのような長手方向の片流れにするには無理があります。中央を高くして1枚の波板を縦方向に湾曲させてかまぼこ屋根のようにするのが簡単なのですが波板が曲がってくれるかどうかが不明です。

薪の倒れ止めに枝を敷いて、は総幅ではないですが、家の野積みで40cm細薪を双方に渡して積んでます。効果有りを感じてます。

ループハンドルはどうしても腰が曲がるので広面積ではキツいかもしれませんね。でもU字ハンドルのを豪快に振り回すのも結構疲れます。充電式はエンジン音がしないだけでも疲れが少ないと感じます。

山椒は、何年も生らなかったので実の生らない山椒だと思ってたらあるとき急に生り始めました。手間は、洗うのは水に漬けて置いてからざるでざっと洗うのだと思うので大して手間ではなさそうですが、その前に、収穫時に付いてきた枝(花枝?)を除去するのに妻は時間がかかってました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する