FC2ブログ

薪割りは続く




薪割りはまだまだ延々と続きます。

変わり映えして行かない状況やたるい作業が続くなかでモチベーションを維持するには、いかに進捗を目で確認出来るようにして、進んだ感 を感じられるようにするのが肝要だと考えています。

朝の状態です。
190413-02




ただでさえ割りにくいムクノキには股の部分もあり、チェンソーでの縦挽きを避けては通れません。ウラジロガシの前回割れなかったのもチェンソーの出番となります。
190413-01




杉は今回は放置となります。一番最後にやろうと思っています。まあ気分転換に割ったりはしますが。
190413-03




で、本日の成果

大白樫を割って、割れないのはチェンソーで縦挽きして、3山くらいが消えました。コロ薪と挽き屑が増えましたが。
190413-07




3号薪小屋西北面が、前回は半分くらいだったのが満杯にまでなりました。
190413-06




タブノキ、ムクノキ、ウラジロガシも割り/縦挽きを終了し、積み待ちとなっております。
190413-08




ここで、もうどうしても避けられないのが薪小屋の増築です。
3号薪小屋自体(まん中の切り妻型の2区画)は一昨年に建てて、昨春には西へ延長しました。そして今シーズンは東に延長します。
190413-10




薪小屋3号東プラスの下に敷くブロックを既に購入、搬入しました。
190413-05
来週末の施工になる予定です。




でも、これでもまだ全部の薪が収まるとは思えません。さらに何か方法を講じる事になりそうです。








スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1647 No title
お早うございます。 
 薪棚に積み上げてこそ、ようやく少しは進んだかなと言う気持ちになります。
薪棚は西に増築された時点で、東も時間の問題だと思ってました。
それでもその次がありそうです。
 チェンソー屑はどうされてますか。
#1648 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
記憶しておりますよ、yamadagagaさんのコメントを。いま探してみたら「そのうち3号東プラスもできそう」とおっしゃってます。その頃は、来シーズンはそれほど伐らないだろうと思っていましたが、シーズン開幕してから決まったのがイキナリな量でした。加えて、終盤にメンバーが集まらなかったので私の独り占め状態になってしまったのがこの量につながりました。もうダメですね、年々貯薪が増えてます。なんとかしないと、なんですが針葉樹はあまりもらい手が望めません。広葉樹も樫・楢は自分が欲しいです。中堅の広葉樹はもらい手望めると思います。

>それでもその次がありそう

はいその次も考えております。東プラスだけでは杉までは収まらないのは見ればわかります。納屋の前に建っている野積み棚に波板を取り付けたヤツを移設する予定です。'16薪が入っているのを、少し順番が狂いますが来シーズン使う為に裏の小屋へ中身移動です。

チェンソー屑は、土場は周りにいっぱい私らの柴が堆積してるので、そこに捨てれば何の問題もありません。すぐに保護色になってしまいますし。問題は甲虫の幼虫が湧いて猪が耕す事くらいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する