FC2ブログ

大白樫 伐採準備




今シーズンもまた、今までずっと意識してきた巨木にありがたく縁を頂きました。
意識し始めたのは19年ほど前、薪ストーブを導入した直後からの事であります。当時は到底自分ではどうにも出来ない、憧れでしかない巨木でした。そして時が流れヘタクソながら少しは木を伐れるようになった昨秋に自治会からこの木の伐採依頼を頂きましたが、それでも一度は辞退させて頂きました。あまりにもの存在感に畏怖の念しか湧かなかったからです。しかしよくよく考えてみると、自分から望んだ訳でも無いのに自分に話しが来たということは天が私に 「おまえが伐れ」 と仰せなのではないかと思うようになりました。




東側から
190223-02




北側から
190223-03




周長は
190223-50




そして今日、伐採の為の周辺整備と多少の枝下ろしをさせて頂きました。
シャリーさん、K嶋君、私の3人参加でした。
笹や腕ほどの小径木がいっぱい茂っていて半日かかって刈り、切り株はクローラー通行の邪魔になるので刃が短くなって欠落もあるダメチェーンで地際すれすれまで低く削りました。

BEFORE
190223-01

AFTER
190223-04
写真中央の1m強ほどの急斜面をなんとかクローラーが登れそうです。




午後はクライミングで数本の枝を切りました。1本の枝がちょっとした1本の木ほどの太さで枝地獄の柴地獄になり、午前中につけた道はまたふさがってしまいました。
190223-05







Googleさん、お借りします。

西側から
190223-06
東側から
190223-07
下から
190223-08
衛星写真
190223-09



春の足音も聞こえて来ていささか焦り気味ではありますが、慎重に丁重に作業を進めさせて頂きたいと思います。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1617 No title
今晩は。
 大変なものを引き受けました。
でも、もう始まりました。安全を祈るばかりです。

 伐採終了に続いて、玉切りと積み上げ、旧の薪の移動をやっていましたが、腰痛でダウンしました。
座っても、立っても、寝ても鈍痛と、姿勢を変えると激痛で、整形外科へ行ったところです。
ブログを含めて、何もかもお休み中です。
ヘルニヤで無かったのが幸いです。
#1618 No title
yamadagagaさん、おはようございます。
はい、もう始めてしまいました、後戻りはできません。山の中だったらそのまま倒して捌くだけですが、道に出っ張ってます。なんとか上空で処理します。

私の場合も、シーズン初めは体が慣れて無くてキツイ、シーズン終盤は足腰の酷使の積み重ねでキツイ、慢性の腰痛・背筋痛やギックリ腰になることがあります。ほどほどの負荷を維持をすることはなかなか難しいのでやむを得ません。

お大事になさってください。こじれませんように。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する