FC2ブログ

新公民館の薮伐採 11日目~11.5日目



2月16日 土曜日

本日、シャリーさんが都合悪くボッチとなりました。ボッチだろうが2人だろうが少しでも前へ進めなければなりません、もう我武者羅の領域です。




前回土手の途中のアラカシ株立ちを切り落としたので、そこそこの量が堤の下の段、つまり川のへりに落ちています。
190209-06




細枝は分割して3.5mほど上の堤に投げたりハシゴで上げたりして上で捌きました。
一番太いのが20cm弱、なんとかローププラーで牽けないかとやってみました。
190216-01




かなり近くまでは来ましたが、ロープがコンクリに触れるので断念、結局2玉ずつ(80cm)に玉切って、ハシゴで高さ3.5mを手持ち搬出すること数回でありました。
190216-02




カシ引き上げ完了、周辺の雑木も少し伐りました。
190216-05




また少しさっぱりが進みました。
190216-03




上に残るのはアンカーにと残して置いたウラジロガシ株立ち2本とシラカシ高伐りになりました。
190216-04




川べりに生えている細径木の雑木も気になります。
190216-06




持ち帰りはコンテナ横詰め12杯と多めです。
1人だと肉体的にはキツイ分持ち帰りは多くなりますが、独り占めしている感が強くうしろめたさが残ります。
190216-07





2月17日 日曜日

きのうは夜勤明け4時間睡眠で我武者羅に動いて、もうヘロヘロでした。
もう今日は無理だろうと思ってましたが、朝起きたらまた行きたくなってきたので行きました。
本日は上の面に残っているカシを片付けたる事にしました。




滑車吊る為に残して置いた2本立ちのウラジロガシのまず細い方の伐倒が完了です、ぎりぎりヘリに残ってくれました。
190217-01




2本目の太い方、1本目と同様にかなり傾斜してますがアンカーは9時の方向なのでへたすると柴の上へ落ちるかもしれません。
190217-02




1本目の上に重なるように着地しました。
高伐りした細径木が受け止めてくれていて助かりました。
190217-03




受け口方向は10~11時の方向にしてツルはかなり厚くしましたが、着地はちょうど牽引方向となりました。
190217-04




ローププラーのアンカーにしていたシラカシも3玉切り詰めました。
190217-05




終了です。
190217-06




もう家には積めないので田んぼの土場へ持っていきました。
そこそこひと山盛って、
190217-08




あとコロ薪がコンテナ2杯です。
190217-07




午後は、ここのところ持ち帰ったあと放置だった薪を割って積みました。
もう家積みは終了です。
190217-09




コロ小屋もだいぶ貯まり、シーズン終盤の雰囲気が濃くなって来ました。
190217-10










スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1615 No title
今晩は。
 伐倒木を細径木が受けている所は絵になります。
ここは全てが起こし木であったような。
ずいぶんさっぱりし、町内の役員さんも大喜びでしょう。
 棚も埋まってきて、シーズン終盤の雰囲気です。
コロ薪は、そこそこ太いのもありますが、割らずにストーブへぶち込みですか。
#1616 No title
yamadagagaさん、おはようございます。
あの細径木は意図も無く高伐り(私ではない)したと思うのですが、大きな仕事をしてくれました。アレが無かったら伐木は落ちてって下へ玉を搬出しクローラー出動となった所でした。

たしかにココはすべて傾斜木でした。下へ倒したのも一部ありましたが横向きの牽引伐倒がほとんどでした。

さっぱりしたのは喜んでくれてますが、崖があらわになったので危険に気づき早期対応を迫られてます。中古フェンスを見つけたらしく今日は役員さんで引き取りして来て搬入してました。

シーズン終盤ながら最大の仕事を目前にしています。

コロ薪のデカいのもストーブへぶち込みです。乾燥には問題ないはずです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する