FC2ブログ

杉林の伐採会 2回目 ~ ヤッチンとこの支障木処理




きのうに引き続いて今日も山仕事です。




まず12月2日に引き続いてFBで知り合った薪ストーバーとの杉林伐採であります。
参加者はM津谷さんとM谷さんお二方と私です。お二方とも御一緒するのは初です。M津谷さんは自宅のテラスの屋根垂木に使う材が欲しいとのことで10cm以下の部分で2m強の材をチェンソーで皮を剥いで20本ほどだったか持ち帰られました。M谷さんは薪も欲しいながら伐倒を練習したい感じでした。前回のM谷さんとは別のM谷さんですが伐倒したいところは同じでした。
181223-02

181223-01
まだ前回の残骸があちこちに散乱しています。



お二方とも何本か伐倒して午前中で帰られました。
AFTERの写真はアリマセン~





午後は会社の同僚(1年後輩3歳下)である ヤッチン の依頼で支障木伐採です。
まあ山里にはよくある山の神さんですね、その鳥居に真正面から傾いている木が2本あります。1本は既に枯損、もう1本はまだ元気なヒノキであります。樹冠部では向かいのヤマザクラと枝絡みで横向き伐倒は不可能です。つまり、ほぼまともな起こし木ですね。
181223-03




ラインドロッパーの先にスローウェイトを引っ掛けて
181223-04




枝に掛け、ロープをつないで入れ替えてランニングボーラインで木を縛りました。
181223-05




ヤッチン漕いでおります。もう安全な位置まで倒れてくれてます。あとは元口付近をいじって横になって頂きました。
181223-06




そして2本目はまだ完全に生きた木です強烈に鳥居の方に傾いています。
181223-07




切り口はもちろんオープンフェイスです。
181223-08




だいぶ起きました。ここからは元口付近をいじりながら少しずつ寝ていってもらうしかありません。
181223-09




だいぶ開いてきています。
181223-10




私の常套手段である斜め切り+膝カックンでだんだん寝て行ってくれてます。
181223-11




そして無事横になって頂きました。
181223-12




私の報酬は、今夏に倒れたアラカシをコンテナ6杯ほどと、こんなことするなと言ってあるのにアレが6本来ました。
181223-14




折れた部分はおそらくシロスジカミキリの幼虫であろうと思われる食害がありました。
181223-16
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1594 No title
今晩は。
 W神社ですが、難易度が高いですね。
物置を避難させてくれればなんとか成りそうですが、どんなもんでしょう。
なんとかしてあげたいですね。
 こちらもボランテアですね。
ランニングボーラインは、もやい結びのことですか。
私はこれしか出来ませんが、大抵は間に合います。
#1595 No title
おはようございます。
W神社の掛かり木処理は私が請けたわけではないのでやっさんにおまかせです。ただ思うのは 「早く片付けてやらないと」 です。

ランニングボーラインは罠もやい結びのことなんです。引くと締まっていくスリップノットの一種です。伐倒でもリギングでも非常に重宝されている結び方ですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する