FC2ブログ

新たな現場はスダジイの巨木群




新しい現場は海が見える小高い丘というか山の麓の茶畑でした。その南は深い谷で、写真の通りスダジイの巨木群が日当たりを遮っていたり、茶畑の上空侵犯しています。
181208-10

本日の参加は、シャリーさん、M森くん、この茶畑の持ち主であるシャリーさんの同郷の同業者(茶農家)のM部くん(薪ストーバーでもあります)と私の4人でありました。




手始めに細いめでかつ枝が茶の上に伸びている木から枝下ろし~伐倒です。
体力温存の為に途中までハシゴ~スパークライミングでありました。




枝下ろしでも追いヅル伐りを心がけています。
最近はなるべく隅切りもするようにしてます。
181208-01




枝を全部切って、何玉かを断幹してから降りてきて伐倒です。40cmほどの、この巨木群の中では細い方の木でした。伐倒部分だけで40cmで20玉+伐根から1玉の21玉採れました。
[広告] VPS




午後の部も細目のを1本行きました。
massanほぼてっぺんです。
181208-02




だらけていたらチェンソー噛まれました。シャリーさんのMS150Tをロープで上げてレスキューしました。樹上で噛まれたのは初めてです。
181208-03




1本目の教訓(クサビ打ってもなかなか倒れなかった)で一応プルラインを掛けてあったのでM森くんの軽トラで牽きました。
181208-04




あっさり倒れてくれましたが、地面でバウンドして谷に半分落ちました。地主のM部くんは重機持ちなので後日に引き上げます。
181208-07

181208-08




短径40強
181208-05
長径50弱
181208-06
といったところです。




日が暮れるのが早いので4時には撤収でした。
まん中あたり、そのつもりで見れば少しは隙間が出来ました。まだまだ先は遠いです。
181208-09





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1590 No title
今晩は。
 “何玉かを断幹して・・・”は、樹上の作業で難易度が高いですね。
上からの見下ろしの写真は、写真とはいえ脚がすくみます。
自分には絶対に出来ません。
1本目の伐倒方向は、これ以上はないという出来ばえです。
 薪棚や仮置き場が着々と埋まっていきますね。
ご安全に。
#1591 No title
yamadagagaさん、こんにちは。
プロが断幹している写真を見ただけでも難しそうに見えますが、なんとも不安定で足が滑りそうになったりバーが体に飛んで来そうな時がありました。

谷の一番上の木はだいたいが道側に傾斜しているので起こしが無いだけはやりやすいですね。バウンドして少しは落ちるのでロープで確保しながらの玉切りでした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する