隣家の庭のモミジ伐採

薄雪が積もりました。
もう少し積もると作業は中止だったのですが。
131228-03


隣家のモミジ、納屋から見るとこんな感じで、ちょうど目隠しになっていて良かったのです。
しかし、伐採を依頼されたので断る訳にはいきませぬ。
131228-02


前から見ると、こんな感じです。
ツルにがんじがらめにされたモミジが1本と枝振りの良いモミジが2本、あとアキニレが2本、柿1本です。
131228-01



このあとは、毛細血管のように一杯出ている枝を切りまくりで、写真を撮るのを忘れてました。

夢中で切って切って切りまくってコンテナに入れて、なんやら暗いなあと思い時計を見たら5時でした。
今日の収穫はコンテナ14杯でした。

モミジは一見、硬そうで重そうな感じに見えるのですが、柔らかかったです。ただ、繊維がねじっているので割りにくかったです。
一番手こずったのは、極太のツル(アイビー?)が樹皮にへばりついていたので、手斧でこそげ取らなければならなかったことでした。

夕方、依頼主のおじさんがやって来て、
ついでに、すぐ横に立っているカエデ2本とイチョウも伐ってくれと言われました。



チェンソーの刃を研いで本日の作業はおしまい~。
ゆっくり風呂にでもつかります。



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#68 No title
いやぁ、残念ですね。
春、夏には目隠しになり、日差しの欲しい冬には葉が落ちます。
毛虫が付いたりしますから、管理にお疲れでしょうか。
手間ばかり食って、お疲れさんでしたでしょう。
#69 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#70 No title
yamadagagaさん
納屋のあるエリアはこれらの隣家の木々に囲まれている感じで結構気に入っていました。
隣人のおじさんはうちの土地の上に枝が出ているのを気にされていたようです。木のてっぺんが電線にいずれは掛かるということも。
来夏は境界にアサガオでも作って目隠しでもしようかな。
#71 Re: No title
姐さんおはようさんです。のぞいてくれてありがとう。
このブログのテーマが薪関係・DIY関連なので、興味のない方には苦痛でしかないかも知れません、あしからずです。
またたまには訪問してくれて、「あいつあいかわらずアホなことしとるやないか」と思って頂ければ嬉しいです。忘れた頃にまたコメント頂ければ望外の幸いです。

過去のコメントに対するオイラのコメントを見て頂ければわかりますが、アドレスは入力しなければ表示されないようです。オイラは面倒なのでアドレスを入力してません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する