FC2ブログ

西の薪小屋への雨樋取り付け

西の薪小屋です。2005春に建てました。雨樋を取り付けます。
13年経って何故今さら雨樋? と言われそうですが、屋根から落ちた雨水が地面ではねて土台や柱の下部、そして薪も緑色になっていて腐朽が進んで行きそうで気になってしかたがなかったからです。クレオソートを塗ったりしてますが、さすがに薪には塗れないですから。あと7~8年、私がシニア勤務終了の65歳まで持ってほしいからです。死ぬまでは待たないでしょうから、その頃にまた建て替えます。
180728-03




ホームセンターで資材を調達してきました。
Panasonicの軒樋75mm-竪樋45mmという最小のサイズを使います。一般的には軒樋105mmくらいが多いかと思うのですが屋根の流れ方向が短い(1.5mほど)ので、なるべく控えめなサイズで費用も控えめでという理由です。
75mmのサイズでは色や形が他のサイズより少ないです。色はシンチャ(濃い茶色)かアカ(レンガ色)しか選べません。ホントは黒が欲しかったのですがこのサイズには黒の設定はありません。

ホームセンターは安いのですが、このシールがイヤです。剥がすのが面倒です。接着面でも構わず貼ってあるので面倒でも全部剥がします。
180728-01

180728-02




という訳で施工です。まず鼻隠しを撤去します。
写真ボケてますが、この写真に私のポカが隠されています。
2005年に建てた時に屋根の波板を買う際にサイズ(長さ)を1尺間違えて4尺のを買って来てしまったのです。二重に張ってありますが上のは2011年に5尺のを重ね張りしたものなんです。最初に張ったのは棟も軒先も波板がツンツンなんです。そのせいで、波板の軒先から裏側に回り込んだ水(錆を見れば一目瞭然)が鼻隠しを濡らしてしまって早いうちに腐り始めました。
180728-04




ネジを回しても木材が朽ちているのとネジが錆びているのとで、この位置から外れてきません。やむなくバールでこじて外しました。
180728-05




軒樋受け金物、屋根勾配と合わなかったので追い曲げしました。
180728-06




使用するφ4ステントラスタッピングが入らないのでφ4ドリルでさらいました。
180728-07




軒樋受け金物の取り付けです。
両端に取り付けて水糸を張りました。この際、水上側の軒樋受け金物を屋根垂木の上の端っこにつけ、水下側の軒樋受け金物を屋根垂木の下の端っこにつけました。45mmの屋根垂木ですから、せいぜい30mmくらいしか差をつけられません。勾配は4/1000くらいだと思います。
180728-09

180728-10




おそれていた事が起きました。屋根垂木が朽ちていて、軒樋受け金物を取り付けるネジが上がりました。しかも屋根垂木が割れてポロッと取れました。
180728-08

やむなく屋根垂木に添え木して、添え木に軒樋受け金物を取り付けました。
180728-11




竪樋の控え金物は薪小屋の柱にφ4で下穴をあけてからまん中を釘締めで叩いて打ち込みました。閉じたあと、普通の釘では細すぎたのでZN釘を差し込んでおきました。
180728-15




完了です。
180728-12




集水器も軒樋75mmにはこのタイプしかありませんでした。
180728-13
薪小屋ごときに存在を主張するこの集水器はイヤだったのです。
ホントはこの ↓ F型集水器でさりげなくしたかったのですが。
180728-16




竪樋の下端は薪小屋の基礎を回り込んで薪小屋の下のU字溝に落としておきました。
180728-14
草は見ないで下さい。これで3週間くらいですかね。













スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1530 No title
今日は。
その年齢で、まだ木登りですか。やりますね。
私の場合ですが、ある日突然、「やめた!」という心境になって、55歳くらいから高いところは登ってません。
仕事で足場(今はレベルが上がって安全です。丸太や単管足場の時代はひどかった。)は登らざるを得ませんでしたが、屋根や2連梯子などは断っていました。
 気になりますね。
私の薪の下の方はもっと黒ずんでいます。ちゃんとした屋根があれば樋で処理できるのでしょが、野積みではしょうがありません。
見て見ぬふりをしています。
#1532 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
えっ、木登りの話しは今回の記事ではしてないですが ...きっと何かの手違いでしょう。
でもまだまだ木には登りますし足場の無い高い所の作業もせねばなりませぬ。と言う訳で、同一文章のコメントが2つ入れて頂いているので1つ削除させて頂きます。

薪の黒ずみ自体は気にしてないのですが、緑色なんです。薪小屋の土台や柱の下部も緑色なんです。これは放っておくのはヤバイと思いました。もっと早よう気いつけって話しですが、まあそんなもんです私は。野積みでは焚くまで置いた事がまだ無い(野積みに屋根掛けのみで現在進行中ではあります)ので自分で経験の無い事は不安ではありますがyamadagagaさんの場合は既にそれで大丈夫だった訳ですからそれはそれで良いのではないかと思います。
#1533 No title
今晩は。
 再投稿と、先ほどの同じ文章のコメントを失礼しました。

 木登りは以前からの度々の記事からと、年齢はこの記事の“65歳まで働く”の文章からの、二つの事柄を頭の中だけで勝手に合体させた、私の悪文見本でした。

 薪の足下の黒ずみ(灰色)は気にしてないのですが、置いた波板の継ぎ目の勾配が悪く、その部分で雨が伝い、薪棚の上から下まで黒ずんでいるのはマズイな、と思ってます。
でも、ずぼらしてなかなか修正まではしてはいません。
#1534 No title
yamadagagaさん
屋根の途中から雨が薪に伝っているのはちょっとイヤですね。濡れている時間が長いと蟻が薪の上に土を上げて巣を作っていたり、悪いとシロアリが入ってた事がありました。でも傷んでいた比率は知れてましたが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する