FC2ブログ

畑の電柵の扉を作り替え



先週の西の扉に引き続き今週は電柵の扉の作製であります。




電柵は畑の獣害防止の為に10年前の2008年7月に張りました。その際に畑への出入り口に取り付けたのがこの電柵の扉です。
180721-01




10年の月日は扉をこんな感じにしてしまいました。
古びた色合い自体は好きなのですが ...
180721-02




2年前に扉が何物かのアタックを受けて壊れて、端材で応急処置しました。
180721-03




留め具も朽ち果ててます。
180721-04




で、新たに作りました。旧型は右吊りで外側(写真手前側)に開くようにしてありましたが、新型は畑側(写真向こう側)に開くように変更して右吊りなので吊り元自体は左の柱となりました。
180721-05




この写真は畑の中からのものですが、今まで入口の脇に無造作に作物の残渣が積んであったので崩れて通路を邪魔していたので端材で柵を作りました。
180721-07




扉を開けた状態でばたつかないように作物残渣の柵に固定する留め具も付けました。
180721-06




一つずつ やることを減らして行ってはいますが、まだまだやることが無くなるまでは先が遠いです。

そう言っているうちに来シーズンの薪狩りが始まってしまいます。





以上。









スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1528 No title
今晩は。
 扉が続きますね。
電柵は余計なコストがかかります。
こちらの山間ではイノシシが、用水路の脇はヌートリアです。
あの長さを見ると、大変だなと同情します。
 エアーが外側にあると、何かと便利、チェンソーやポッピィの掃除に重宝しそうですね。
#1529 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
扉が続きましたがもう扉は終了です。次は雨樋が続くかもしれません。

ヌートリア、こちらでも小川沿いで増えていると聞きます、見た事無いですが、でかいネズミなんですよね。わが家では獣害も初めは猿だけだったのが小動物に変わってきて困っています。デカイ方がまだ防ぎやすくて良いです。電柵のバックアップに網が必要です。変な所で糞をしたためられるのも困ってます。下手に防ぐと別の所へ移って更に困る事もありそうです。

エアは昼休みに家に上がる時も必要なので夏冬無く重宝します。すぐに使えないとストレスですね。あちこちにエアカプラがあって欲しいし、エアガンも長いのと短いのをあちこちに欲しいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する