ラインドロッパー



ラインドロッパーという道具は釣りの世界にもあるようですが、私の場合ラインドロッパーはスローラインまたはプルラインを木の高い位置に掛ける為の道具ということになります。

今まではウィンドサーフィン用のカーボンマストの先にY字型の木の枝を差し込んで使っていましたが、長さが4.6mでは少々物足りない時があります。スローラインはそもそもスロー(throw:投げる)な訳ですからスローウェイト(またはスローバッグ)という金属玉が入った袋を木の上方の枝に引っ掛けるべく投げるのが本来の使い方だと私は解釈しているのですが、何しろスローウェイトを投げて枝に掛けるのが難しくてなかなか成功しないので、もっと長い竿が欲しいと思っていました。リサーチ段階では電気工事用のケーブルキャッチャー(ケーブルフィッシャー)を買おうと思っていたのですが、見た事もないので剛性が如何ほどの物かわかりませんでした。そしてケーブルキャッチャーは高価なんです。8mで2万円くらいはしてます。そんなときにブログでお世話になっているyamadagagaさんの記事で、釣り関連の道具で 磯玉網(いそたまあみと読むようです)という竿があることを教えて頂き、その方面をリサーチしましたら、yamadagagaさんのブログで知った品番の物が一番良さそうだと言う事がわかったのでamazonで買いました。税込み・送料込み¥8500でした。




という訳で本日届きました。
180610-01

180610-02




中身は 、、、
8段からなる竿と先端に取り付ける網と折りたたみ式の網の枠でした。
180610-03
長さは竿の末端までで7560mmでありました。




まずは、フックがまだ無いので先端にスローウェイトをテープ巻きで取り付けてたわみ具合をチェックしました。スローウェイトを付けて縮んだ状態から上方に伸ばしていきます。
180610-04




全然許容範囲内です。グワングワン感は小さいです。ちなみにスローウェイトは300gです。スローラインは細くて軽いのでウェイトはもっと軽くても降りて来てくれそうです。投げないなら鉄の塊でも危険はなさそうなのでφ20くらいの丸棒を8cmに切れば200gくらいになるので試してみても良い気がします。
180610-05




先端に取り付けるフックを作ろうと思ったのですが、ネジがM12のようでピッチがずいぶんでかく日本のネジではなさそうで、すぐには手に入りそうもない気がしたので、付属の網の枠を改造してナントカしようと試みました。




という訳で出来たのがコレです。
180610-07

なんか埴輪に似ていますが埴輪ではありません。
180610-30




木の枝は大抵20cm以上はあるので、うまく落とさないと枝の上に引っ掛かってしまうので、少しでも落ちる位置まで届くようにする為のアイディアです。先端はそのままでもウェイトを引っ掛けられますが、もっと良いアイディアが浮かんだら作ります。
180610-08




これも全然行けそうです。
180610-06




フックは分解可能です。
180610-09




来シーズンでの活躍が期待出来ます。






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1496 No title
お早うございます。
 ジュンベリーは結構繁るのですね。
そして選定もするのでしょうか。
我が家もツレが、ブルーベリー系統を植えるのにと言って、薪置き場にしていることを恨んでおります。
 山の先輩はケーブルキャッチャーから玉網に乗り換えています。
本来の用途からも、また実際も、しなりは玉網のほうが剛性があるようです。
全体の強度も、玉網が上です。
上手くいくといいですが。
#1497 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
ジュンベリーは太い幹に枝がひろがるタイプではなく、株立ちで細い木が何本も立ちます。なので剪定は間引く感じかなと思ってはいるのですが、わりと直立の株立ちなので鋸を入れるスペースが狭くてやりにくいので放置してあります。ブルーベリー、わが家も何本かあり毎年結構な量の実を採りますが、まだまだ年が浅いので甘みが薄めだと思います。ジュンベリーよりははるかにいいですが。ジュンベリーは鳥さんとテンさんの御馳走です。あと、開花時はまあまあ綺麗です。

磯玉網はyamadagagaさんの3/29の記事で写真からamazonで検索して買ったんです。意外と低価格で助かりました。釣りでもやってなければなかなか見つけられるものではないですからね。本物のスローウェイトで試してるので100%うまく行くと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する