家のまわりでゴソゴソと



夏になると山里ではいろんな作業が発生します。
まずは草刈り、これは1ヶ月は持ちません。
これを怠ると、前に裏の畑の爺が除草剤を撒きに来やがったので文句言ってやりましたが、早い目早い目に刈ります。

チップソーで刈らなければ追いつかない所もあり、ナイロンコードでないと刈れない所もあり、ひととおり刈ると半日ほどがあっという間に過ぎています。まあ、草刈りは好きなので良いのですが、いい気になって草を刈ってると他の作業が出来なくなります。




草刈りのあと、
今シーズンに植菌したシイタケ榾木6本が地べたに寝かせてあったので、コンクリの上なら良いのですが土の上だとシロアリが入ったり早く腐ったりするので、ブロック敷きにしました。ただ、これだと風通しも良くなるので水やりをこまめにしようとは思っています。
180603-02
モクレンの木の下であります。
180603-01




そして次は、
屋根に掛かってしまっているビシャコ(ヒサカキ)を伐ります。何本かの株立ちになっているので、2本を残して3本ほど伐りました。
180603-03




上の方は蔓地獄になっていて、アケビやらツヅラフジやら勝手に生えて繁茂してるので引っ張っては蔓を切りました。アケビが既にニャンコのアレくらいにはなっていました。
180603-04




というわけで、しばらく葉枯らしののち薪にして柴はシュレッドして畑に置きます。
180603-05




いつのまにかスズメバチの巣が掛かっています。春には無かったものなので今シーズンのものです。でも、当のスズメバチがいません。何度も通るたびに見ていてもいません。もしかすると蜂トラップに掛かってしまったのかもしれないですね。気の毒ですが、こんなよく通るところにドッジボール大の巣が出来てしまったらたまったものではありません。
180603-08





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する