FC2ブログ

薪移動はつづく



薪移動は続きます。
来シーズン(2019シーズン)に焚く薪を裏の小屋(壁があって雨に濡れない小屋)に取り込んでいます。




先週の終了時点で1/4強を運び終えたくらいでした。
あ、この薪小屋では一番右の区画だけが対象です。2014薪です。4区画あるうちの他の3区画は2017薪です。
180520-01




5月17日の夕方1時間

の作業でここまで減り、
180520-02




5月19日土曜日

対象の区画は空になりました。
土台の木口、柱、根太が緑色をしていて腐りそうなのでクレオソートを塗っておきました。18年前のクレオソート、まだ匂いはキツイですが、空になりました。底のトゴリだったせいか濃厚でした。
180520-15




運び方です。コンテナ4個に入れて急なスロープを下るので、ロープを掛けて端を手で握って運びます。かなりの勢いで下っても大丈夫でした。前はそれに気づかず何度もひっくり返してました。ちいとアタマにすいです。
180520-03




ここで、わが家の航空写真です。
このあとに出てくる おもてコーナー薪棚 や 戸袋前薪棚 は遠いのと、登りがあるのでけっこう筋トレになります。
180521




そして次は おもてコーナー薪棚から2013カシを裏の小屋に取り込みました。ここは2列積みです。
180520-05




奥列のまん中あたりの細い薪の含水率を測ってみます。カシの細い枝薪は何かと話題に登ります。つまり2年乾燥ぐらいではシューと言って水が噴き出してくると言われているのです。
180520-11

180520-10




予想に反して低い値が出ました。何度測っても似たような数値でした。2列積みの奥列でも5年も経てば乾くのですかね。
180520-09




そして次は戸袋前薪棚です。
上の方が倒れかかっています。可動式の開き止めが完全に下がってエンドを起こしていて、その下に空間が出来た為に倒れかかっているのです。乾燥による収縮の大きさには毎回驚かされます。
180520-06
可動式開き止めの反対側は釘が差し込んであるのですが、木にめり込んでしまっています。
180520-07




ハシゴを掛けて上の方の薪を落としてからコンテナに詰めて運びました。
180520-08




これは裏の薪小屋の軒に作った薪棚です。2014シーズンの薪が積んであります。薪ストーブから近いし軒が深く雨に濡れにくいので、このままここから直接ストーブサイドに運ぶことにします。来シーズンにこれを早めに使いきれば、集めた薪をすぐ積めます。
140628-04




ストーブサイドからはコンテナ縦詰め1杯弱の薪を返品です。今シーズン焚き残した薪です。
180520-13




これで来シーズンに焚く薪は準備が出来た事になります。7.5立米ほどとなります。これだけでたぶん足りるとは思うのですが、足りなければ軽~い薪が田んぼの薪小屋に一杯あるので、春先はそれで十分です。
180520-16
3列目は下から75cmです。
180520-12




そして次は今シーズン生産した生薪の野積み(仮積み)からの本積みです。
180520-14




半分近くまでは行ったでしょうか。
180520-19




こんな子 チャイロホソヒラタカミキリ や180520-04




蟻の巣が出て来ました。
180520-17
だから野積みで暖かくなるまで置いておくのは嫌いなんです。別に蟻がこわい訳ではないですが、噛まれると痒いんです。殺生もしなければなりませんし。




という訳で、空だった西の薪小屋の最南の区画は3/4近くになりました。
180520-18


まだあと半日はかかりそうです。


スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1482 No title
今晩は。
 意味はすぐに分かりましたが、“とどる”“にすい”は、三重弁の様ですね。
懐かしくニヤリとします。何十年も聞いていませんでした。
 恐ろしくぶっとい薪もあります。
ストーブ温度が上がっていれば問題ないですが、火室がいっぱいになりそうです。
 野積み2列、CBベタは通風面で厳しそうです。
方位もあるでしょうし。
僅かな期間ですが、垂木でも転がしておけばだいぶ改善されるように思います。
 まだ続くそうですが、あちらにこちらにへの薪の大移動、ご苦労様でした。
#1483 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
「トゴリ」となんのためらいもなく書きました。調べたら鳥取・島根・岡山のトドル、長野ではコズム、三重、和歌山、奈良ではトゴルのようです。ニスイも他県では言わないのですね、そこそこ通じる言葉かと思っていました。このニスイを人様に対して使うとかなり問題です。

極太薪、オーバーナイトや出かける時にどうしても欲しいんです。最近は薪屋さんたちに太薪を使う人を軽蔑する言葉を目にしますが、ストーブの種類による部分もありますし、持たせたい時に燃焼効率などどうでもエエわい、と考えています。このくらいの太さなら縦型の火室なので投入しやすいんです。

前に倒れたことがあるので、わずかな期間なので、と思っていつも結局蟻が居付きます。垂木転がすのも良いかも知れませんね、安定さに少々不安が残りますが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する