薪狩り6回目

今シーズン6回目の薪狩りであります。

相棒は、マキトモのシャリーさんです。STIHL MS200を所有してます。

現場は前回までの家の近くのおじさんの田小屋ではなく、ちょっと遠いおじさんの田小屋のそばの山の上です。

燃料やオイルを入れたデイパックを背負って、
超重いSTIHL MS390と小さいトップハンドル機のMS150Tを手に持って、
両手ふさがりで急な山を登る!!

しかもおじさんが刈っておいてくれた笹がすべるすべる。

伐るのはこれ、枝振りの良いコナラ。
きれいに黄葉していますが、あいにく雲が多く映えない。
131207-01

見にくいですが、主幹がかなり長い。
131207-02

シャリーさんが抱きついています。ミ~ン ミ~ン
131207-03

山の下側の方向へ受け口を切って反対側から追い口を切ってったら、思ったより早くこけてしまいました。
131207-05

長径は80cmをこえています。
もちろんこれは根張りの部分なので、一番太い丸太は65cmくらいでした。
131207-04

玉切り完了です。
主幹の部分だけで長さ40cmの玉が13個とれました。
これを切るだけでMS390に3回も給油しました。
超重いし超ガソリン喰いです。でも切れるスピードは速い。
131207-06
131207-07

今回も、ここのおじさんのシイタケ原木採りのお手伝いでした。
1mのシイタケ原木が40本以上は採れました。
131207-08

今回は玉切りだけで終わってしまったので、来週は山の上からの丸太落としです。
なにしろ直径60cm超(たぶん50kg以上)の丸太を山の上から落とすので、迫力あると思います。
危険なお遊びです。




次に伐るのは中央のコナラです。青空に黄葉が映えています。
131207-09



スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#50 No title
壮観、そして粛々と作業が進みますね。
収穫の喜びもされど、これだけの玉を降ろす事を考えると、少し憂鬱になりませんか。
それと、やはり竹が多いですね。
#51 No title
yamadagagaさん、玉を落とすのは結構おもしろいですよ。
憂鬱になるのは、そのあとです。
クルマに積んで持ち帰って、またおろして、土地が広くはないのできちんとこじんまりと積む。この作業が伐倒・玉切り後に続けてやると、結構きついです。
なので今回は切りに徹して、次回のリキあるうちに気合い入れて片付けます。

竹が多いのは、この山は筍山だからです。春はここで筍掘りをさせて頂きます。
でも、どこの山でも竹や笹は勢力範囲を確実にひろげつつあります。
#52 No title
不審な男が抱きついとるな。顔隠しとるし。
昨日はお疲れさんでした。朝から夕方まで切りっぱなしで、今日は腰が痛いです~。
今度は玉切搬出でさらにきついでしょうな。しかし割る作業はこれはこれで面白いでええな。スパっと割れると気持ちええし、体力つくし。
#53 No title
シャリーさん、今度の土曜日も頑張りまっせ!!
不審な男とな。
抱きつき男や。
割って割って割りまくったるでえ。

けど、持ち帰っておろすのはやっぱりイヤや。
だれかやってくれへんかいな?
ヨメサンに頼んでみよかいな。
#54 No title
おお!!玉をほってほって掘り投げまくったりますで~。勢い余って車まで転がって壊してしまうかもな。それぐらい気合入れてやりますわ!!それか玉に抱きついたまんま一緒に転げ落ちてみよかな。
あの大きい玉を夫婦で下ろしゃ、ますます夫婦円満になるで!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する