FC2ブログ

薪狩り 2日連続



2月16日 未搬出の伐木を玉切りほか




未搬出のヒノキ・スギやイヌツゲなどの小径木が未搬出のまま横たわっていたり柴に埋もれていたりします。
細い木と言えどもちゃんと命を授かってこの世に出て来た物、可能な限り使わせて頂くのが大自然に対する礼儀です。
180217-01




ひょろ長いコナラの高い所に折れた枝がぶら下がっていて落ちて来たら危険なのでスパーで登って切り離してきます。あと、いずれ伐倒するので他の木に触れそうな長い枝も切ってきます。
180217-05

↓枝の上からです。
180217-07

↓枝下ろし後です。
180217-06




近々伐らせて頂く大クヌギ(元で80cmくらい)の牽引ロープを使って簡単な測量をしました。
要はロープ(50m)の長さが足りるかどうかです。
新調したリギングロープを道に沿って伸ばしていきます。
180217-02
牽引の反対側に大きく傾斜しています。




牽引側から見た対象木です。谷側に傾斜しています。
180217-04




アンカーよりはたぶん10mほどは余分がありそうです。
牽引はスナッチを2個使って4倍力にしたいので、もう1本ロープは必要です。それは既存のを使います。
牽引具はチルホールT-7なので750kg引きです。
180217-03




2月17日 コナラとヤマザクラほか




本日はシャリーさんと私の2名です。
だんだん切るべき木も残り少なくなり寂しくはありますが残された時間も少ないので焦りの方が勝ってます。
頑張ります。




道にかぶさった木が多いこのあたりをさっぱりさせます。
180217-12




まずは腕ほどの小径木 イヌツゲやネズミモチやモミジなどを伐った後はヤマザクラとコナラをローププラーで牽引伐倒です。
その前にコナラの長く伸びた枝が電線近くまで行っていたので先にハシゴを掛けて切りました。
180217-13




いつもは牽引ロープをハシゴとマストで掛けていたのですが、今回はスローラインで行いました。本当はスローバッグ(スローウェイト)をつけて投げるのですが、まだ届かないのでその辺に転がっていた手頃な木っ端をつけて使いました。私は投げるのはヘタクソなのでシャリーさんが投げました。結構な確率で良いところに届いたので、木っ端を外してプルラインをつないで引き上げて手繰り寄せ、ランニングボーラインノットで締め上げました。
180217-11




ヤマザクラ伐倒完了です。
180217-20




180217-30



コナラ伐倒完了です。
180217-14




シャリーさんがクローラーで搬出、分けて下ろしてくれました。
180217-15

180217-16




私が昨日玉切りしたヒノキやスギも引き上げてもらい、一旦路肩に積んでもらいました。後日シャリーさんが引き取り予定です。
180217-17







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1422 No title
massanさん、こんばんは。

先週は、金土と作業をされたのですね。
お疲れ様です。

細かい樹でもきちんと伐採されるお姿、感心いたします。
そうですよね。細かい樹もきちんと命があったのですからね。

途中で出てきたオオクヌギ。これが肝心なやつなのでしょうか?
でも、なんか伐採しにくい気がいたします。

もうなんというか、寒いですが春の気配を感じます。
ちょっと作業を急がないといけないというところでしょうか?

では、今週もよい1週間をお過ごしください。
#1423 No title
テツさん、おはようございます。
細い木も軽い木も十分薪として使える物です。でも世間の薪焚きには対重量的効率が悪いので腕くらいまでしか集めない人もいます。そうなると残った木は膨大な柴になって見苦しいですし、それをゴミ焼きのように焚き火で処理してしまう人もいます。ひとそれぞれスタイルがあるので、悪いとは言えないことです。また、伐採業者はそんなことやってられないでしょう。私のグループでは指くらいの太さまでは薪の定寸に切って持ち帰ることになっていますが、まあヒノキ・スギではもう少し太めまでですかね。また、枯損木はなるべく短く切り地面につけて早く土に帰れるようにします。

そうです、この大クヌギが今シーズンのメインイベントなので、先シーズンから伐り方を頭の中であれこれ温めても来、道具も追加しました。谷への傾斜や牽引逆方向への傾斜など難点が重なっています。

春の気配は確実に濃くなって来ています。ウキウキな気分と焦りの気分が同居しています。気合い入れて作業していきたいと思っています。
テツさんもお体には十分に気をつけて清々しい一週間をお過ごし下さい。
#1424 No title
お早うございます。
 枝の上からの景色はなかなか無いです。
 次はかなりの大物そうですが、研究を重ねてと新しい道具の仕込みですね。
無事計画通りに行きますよう。
 スローバックというのですか、赤い布袋(革かも)に砂らしきを詰めたのを使ってる現場に居合わせたことがあります。
なかなか狙ったところに行ってなかったです。
 いつ見ても玉切りが几帳面です。
やはり、実際に割って積む、焚く人がカットするのがいいようです。
 次回大物がうまくいき、達成感が味わえますよう。
#1425 No title
yamadagagaさんこんばんは。
メインの大クヌギ、ただいまイメージトレーニング中です。何しろ滑車が2個とロープ2本とワイヤーが1本、アンカーは3ヶ所なので、シャックルもいくつか要ります。重いロープを張った状態でアンカーに固定する為にプラーを使わなければならないです。図にして必要部品を書き出さないとぶっつけ本番では出来ません。なんとか無事に寝かせて頂きたいものです。

スローバッグは間抜けなことに海外からの発送だったんですね、気軽にamazonで注文したまでは良かったのですが。間に合わなさそうなので木っ端で行きます。

玉の長さは本当言うと35cm、40cm、45cmの3種類あるんですが、訳わからなくなるので40cmで我慢して貰っています。35cmの人は自分で更に切り詰めてます。まあコロを多く集めたい人なので良いのですが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する