午後から薪狩り




11/17(金曜日)

午前中は納屋増築の作業してましたが、明日は雨とのことだったので午後から山へ行ってきました。



大枯損木2本と、右の大枯損木にもたれかかった中枯損木、これはすでに根からは離れています。
これを外そうとしてロープを掛けて引っ張ったのですが、重みで地面にめりこんでいてズレてくれなかったので途中に切れ目を入れて腰を折るようにして着地させました。
171111-15

171119-02




大枯損木のすぐ脇に生えたヒノキ2本、上で絡んでいて伐っても倒れずロープで牽きました。
171119-03




ひょろ長いコナラですが既に葉がない、樹皮を見たらオレンジ色のキノコ類が。腐朽が始まっている証拠です。
171119-05
伐倒しても、背が高いのと混んでいるのとで掛かり木になりましたが、ゆさぶって落としました。
171119-04
木口を見るとまだ今夏に枯れたらしく、薪にはできそうです。
先端は折れたくらいなのでだいぶ腐朽が進んでいました。
171119-06




他にもイヌツゲ、ネズミモチ、スギほか10cm以下の木ばかり10本以上伐って、そこそこ盛りましたが搬出はせずです。
171119-07




だんだんさっぱりしては来ました。
171119-08




牽引伐倒のアンカーにする木から大枯損木2本を見ると、まだソコソコ大きなヒノキが邪魔しています。
171119-09
また今度です。




枯れているように見える巨大コナラを、来るたびにシゲシゲと見ています。
171119-01
メジャーを巻いてみました。80cm弱と言ったところですか。
171119-10





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1352 No title
今晩は。
 あれもこれもやらなければならないの、盛りだくさんの休日ですね。
枯れ損木も含む伐倒ですが、かなりの量になりました。
すっきりしてきて、地主さんは喜ばれることでしょう。
背負子でやってしまうそうですが、出しはぼちぼちですね。
巨大コナラはなるべく谷に落としたくないですよね。
 シルバーグレーになれば、木目の模様と相まっていい風合いになるでしょう。
刈り払い機は、立てる、ぶら下げるより、水平にして保管したいですね。
気にするほどでもないですが。
羽目板は、中から見てもいい感じです。
 我が家の落花生は普通ものですが、今シーズンは空さやが多かったです。
土に刺さるのが届いていたので土寄せをしなかったのですが、やはり適度な土被りがいるそうです。
来年は手抜きしないでやろうと思ってます。
 こちらの山作業は、12月から始動するでしょう。
先輩が、お家の増築中なので。
#1353 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
あの一帯の皆伐ということなので、まだまだこれからというところですね。まあ、一番気になっているのが大きな枯損木数本だったのではありますが、毎年枯れているのでいっそのこと全部ということです。だんだんクローラーでの搬出が出来そうな気がして来たので次回は一輪クローラーでやってみようと思っています。急なだけで移動距離は知れています。巨大コナラは横向きに寝て頂きたいのですが、かなり谷に傾斜しています。しかも倒したい逆向きにもなっています。

刈り払い機:水平、どう考えてもそのスペースが無く、今までもどこかしらに立てての保管でした。ガソリンが漏れるようになると立てての保管は厄介ですね。

羽目板、中から見ると隙間がバラバラです(笑)。まあ見せる物でも無いので気にしません。雨がしこたま降ると隙間に雨水が滲んでいる所があったので、壁の付近に保管するものの防錆対策を講じた方が良いかも知れません。

落花生、うちも空鞘がありました。でも収穫時期は雨で遅れてたはずなのでバラツキもあり完璧には行かないのでしょう。

山作業は12月からでありますか。yamadagagaさんの場合、貯薪量は問題ないので焦ることは無いのでしょう。私もありがたいことにその点は大丈夫ではありますが、ただ山仕事をしたいだけです。ある程度の変化を見せないと申し訳ないので。
#1356 No title
massanさん、おはようございます。

だいぶ伐採も進み、スッキリとしてきましたね。
納屋増築との作業両立は大変でしょうが、ご無理をせずに進めて
いかれますよう願っております。

薪にするには腐朽しているのは良くないのでしょうが、
クワガタの産卵木には腐朽していないといけません。
昨日も、腐朽したコナラ(径10㎝、長さ14㎝)を2本
産卵木としてセットしました。

段々寒くなってきました。お風邪などひかれぬようご注意くださいね。
#1357 No title
テツさんおはようございます。
もう納屋の方は暇があったときだけ進めるつもりで山仕事中心で考えています。
お心遣いありがとうございます。11月に入ってもうやがて1ヶ月になろうとしているのにまだ大径木を1本も伐っていません。仲間ともまだ一度も作業していません。ちょっと遅れているな、という感じです。期限を切られている訳では無いのですが、小口の伐採依頼や伐った木の引き取り以来もあり、一杯一杯です。焦って良くなるならいくらでも焦りますが、まずそれはあり得ないので天に任せて気楽に進めさせて頂こうと思っています。

クワガタ産卵も腐朽した木なのですね、カミキリは生きた木(シロスジなどはナラ・カシ)に入るので樹幹に指ほどの穴があいたのがあり、まあ嬉しくはありませんが彼らにも天から造られた以上喰う権利があるかと(笑)。チェンソーの挽き屑を畑に置いておいたら親指のように太いカブトムシの幼虫が20匹くらい湧いたことがありました。

テツさんも気温の影響を直接受ける所でのお仕事でしょうからお気を付け下さい。寒いときこそ気合い入れて行きましょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する