FC2ブログ

納屋増築~またしても雨で

またしても雨で、それでもなんとか小降りの隙をねらって

         

やっと取り付けました。はまらんかったらどうしようと思いながら重たい扉を納屋のリビングから運んで当てて見たら、まあギリギリでしたがドア枠に入りました。そして、さっさとヒンジを取り付けました。




次にラッチを、座掘りして取り付けました。これが無いと扉は固定されずふわりふわりと風にあおられます。
ラッチの軸は7mm角の穴なのでMonotaroで買った7mmの鉄の角棒を突っ込んで、先っぽにはドアノブというかツマミですねこの小ささは、それを付けます。取っ手に隠れるようにしたかったんであります。φ20異形棒鋼です。もっと、何というかローレットのかかった真鍮製か何かの洒落たツマミにしたかったのですが、とりあえず家にあるもので作るとこんな事になってしまいます。
171029-08




これで南面は一応の最終形ということにはなるのですが、
171029-10
パテ埋めした抜け節が目立ちます。まあ節なので、そのうち濃い茶色でパテ部を塗る事にします。




ヒンジの取り付けネジも仮の姿です。恒久的にはM6ボルトで内側から締めます。防犯上の理由でです。
171029-11




取っ手の取り付けも暫定ネジです。いずれそのうち裏からボルト止めします。いずれがいつなのかはわかりません。
171029-07




内側も一応ドアノブ・取っ手・ロック・戸当たりを付けましたがゴチャゴチャしていて不快ですね。
また気が向いたらスッキリさせます。気が向いたらの話しです。
171029-12
ロックはキーを使わないタイプです。それをどこで操作するかは言えません、秘密の場所でφ9ピンを抜き差しします。




本降りになったり小降りになったりの中で扉を取り付けて、あれこれ作業をしているうちにどんどん膨張して閉まらなくなって行きました。ベルトサンダーで削りながらの作業でありました。
171029-04
まあ、おおむね計算通りの幅に仕上がったということではあります。最膨張時の隙間が1mmくらいでありました。
問題は乾燥時にラッチが掛からなくなるほどドア幅が収縮したらどうしたら良いのかです。




ところでこの扉に使ったヒンジでありますが、今回の扉に使ったのはネットで買ったエゲレス製なのですが、先日オープンしたコーナンホームセンターでそっくりのヒンジを見つけました。メーカーは日本のWAKI(和気産業)でインド製です。価格は約1/6です。
上がイギリス製、下がWAKIのです。
171029-05
同じく上がイギリス製、下がWAKIのです。
171029-06
どちらの風合いが好みかは分かれるかも知れませんが、WAKIの方が分厚く丈夫そうです。これを先に見つけていたら今回の扉はこの安いヒンジになっていたかも知れません。近々もうひとつ扉を作る必要があるので、それにこのWAKIのヒンジを使おうと思っています。




一輪クローラーを入れてみましたが、鋭角のコーナーにギリギリ一杯です。
171029-09
これではとてもじゃないけど薪割り機など収納できないので、一生マジック斧かもしれません。




センサーライトを取り付けました。この隙間からコンセントプラグを入れたいのですが、何としても入らない、カッターナイフで破風板の裏の角を削って、なんとか入れました。
171029-01

171029-02




晩秋に咲くのがツワブキであります。
って知ったかぶりで行ってますが、咲くまでは忘れていて、咲いたら「ツワブキが咲くのは秋やったんや」 であります。
171029-03




コメント返信の都合上、扉に使ったラッチの写真を上げておきます。
171031-50




スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1338 No title
massanさん、こんばんは。

作業の方、お疲れ様でした。

ようやく扉が付きましたね。小屋の全体像が見えた感じです。
でも、雨樋などまだまだ作業が必要なのですよね。
しかし、今回でかなりメドがついたという感じでしょうか。

雨は嫌ですね。なんか今年は、夏から雨ばかりという気がします。
カラッと秋晴れになってほしいです。私の畑仕事も雨のせいで、
作業着がグチャグチャになってしまいます(>_<)

では、よい1週間をお過ごしください!!
#1339 No title
テツさん、おはようございます。
やっと扉が付きました。これでなんとか物を中に置いておけるようになりました。外壁張りを早く片付けてしまいたいところですが雨続きで放置状態です。そして今月から伐採が始まるので納屋増築作業にかけられる時間も減ります。雨樋は春からの作業にします。なのであとは外壁張りの残りと棟の水切りだけですね。それでなんとか冬を越せます。

11月からカラッとした日が続く事を期待しています。
ではテツさんも良い一週間を!
#1340 No title
今晩は。
 
 ようやく難問のところに目途が付いたというところでしょうか。
初歩的な質問ですが、扉を開けるとき、ラッチはどの作用でへこむのでしょうか。
 
 庭の花も、シイタケ、茗荷などは、咲いてから出来てから、ああこの季節かと思います。
#1341 No title
yamadagagaさんこんばんは。
そうですね、これが終わればもう面倒な部分は無く、張るばかりの部分だけだと思います。まあ、来春からの土間コン等は面倒ですが。

ラッチ本体の写真を上げておきました。この四角い穴に7mm角の鉄棒を差し込んで、その先端にφ20異形棒鋼のツマミを、片側は小さめ穴に圧入(どついて差し込んだ)、もう一方はガタの穴でヨコツラからM6ボルトで固定した訳であります。この四角い穴は回しても離すとバネ力で元に戻ります。また、ラッチ自体は四角い穴の回転でヘコみますが、ラッチそのものを押せば四角い穴に関係なくへこみます。普通のドアも全く同じ機構かと思います。
#1342 No title
今晩は。
 失礼しました。
本文にある通りですね。
写真に先に目が行って、鉄筋の摘みが取っ手と一体物と勘違いしました。
#1343 No title
yamadagagaさんこんばんは。
あの写真は取っ手と異形棒鋼のツマミがつながって見えますね。取っ手自体はけっこう大きいのですが、横桟の厚みが25mmあって、それをまたいで取り付けてあるのでツマミが窮屈になってしまいました。

このあと晴天が続いて濡れた扉は乾燥して想定外の方向に収縮が起きてしまいロックの棒が解除出来なくなって、早くもあかずの扉になってしまったかと思われましたが扉を下から持ち上げて辛くもロックを解除出来ました。次の休みは手直しであります。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する