FC2ブログ

納屋増築~雨なので扉製作の続き




また雨でありました。
しかも伊勢湾台風に酷似しているなどと言われる台風が来ています。
まだ扉がついてない納屋増築部分は吹っ飛んで行きはしないかと心配ではありますが、ひたすら少しずつでも作るしかありません。



先週作りかけた扉、上下の横桟と羽目板は組み付けましたが、まん中の横桟と筋交いがまだであります。
まず、まん中の横桟と筋交いが交差する部分の相欠きを加工します。板厚25mmの半分ずつ欠き込んでコソッとはめこみます。
171021-01




無事はまってくれました。
171021-02

171021-03




そしてボンドとネジで組み付けて、一応扉の形にはなりました。
171021-04




ところが、抜け節を後ろにするつもりだったのが前に来ていることに気づきました。
こういうポカは私はよくやります。
171021-06




パテ埋めしておきました。よけいに目立ちますね。また薄い茶色でも塗っておきましょう。
171021-07




次はラッチの取り付けです。
171021-10




納屋の扉を2本作りましたが、その時の穴径と違う事にきのう気づき、慌ててamazonに注文しましたら、昼に届きました、速いです。φ21木工ドリルであります。
普通の木工ドリルは先端のネジ部が引っ張ってくれるので楽なのですが、精密な穴をあけたい時は進むのが速すぎて失敗しそうなのでネジが効かないようにφ5の下穴をあけておきます。
171021-11




治具を作りました。フリーハンドでは失敗する自信がありますから。
右の小さな穴は下穴用のφ5ドリル用ガイドで、先にそれをあけてからずらせてφ21穴をあけました。
171021-08




無事にφ21穴があきました。
171021-12




ラッチ本体が無事に入ってくれました。深さが100mmくらいあるので心配ではありました。
171021-09
四角い部分は彫り込んでから取り付けます。




入口左のドア枠の後ろの板、何というのか知りません、まあドア枠の一部ですね。ラッチの相手であるストライク(四角い穴があいた鉄板)がつく所です。これを取り付けました。
171021-05




あとは雨では出来ないので納屋の片付けをしていました。
いつか飲み会をした時の仮設の囲炉裏を分解して片付けました。
171021-13










スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1334 No title
今晩は。
 精工この上ないです。
お見事、ご苦労様です。
しかし、本気の金物ですね。
#1335 No title
yamadagagaさん、こんばんは。
写真では精巧に見えるかも知れないですね、目透かしの幅のバラツキや接着面の隙間などアラだらけです。それに取り付けて見ない事には何とも言えません。金具は古来からの粗末な、何と言うんですかね、端材を釘で打っただけの留め具も納屋っぽくて良いのですが、実際に使う段には内側からも留めれないと不便なのでラッチを使う事にしました。
#1336 No title
massanさん、おはようございます。

作業の方、お疲れ様でした。
台風が来ているということで、早めに作業をされたという感じですね。

納屋増築の方は扉作成に入られたのですか。
簡単に書かれていますが結構難しい作業だと思います。
いつも感心するばかりです。

こちら群馬もだいぶ風雨が強くなってきました。
台風が早く去って秋晴れになることを願うばかりです。

では、よい1週間をお過ごしください!!
#1337
テツさん、こんにちは。
只今停電中であります。
夜中の2:30に停電になりました。パソコンが使えず使いにくいスマホでの返信であります。12時めどの回復とは書かれていますがすぎました、家にいても仕方ないので、早めに夜勤に出ます。

扉は、面倒ではありますが難しいものでもありません。とはいえキチンと付くかどうかはまだわかりませんが。

テツさんの地方や仕事場である畑に災害がありませんよう、充実した一週間でありますように。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する