FC2ブログ

納屋増築~雨だけど悪あがきしてみる


十何年ぶりかの強烈な台風18号(タリム)が接近中で朝から雨が降っております。
週末にしか出来ない納屋増築の作業、夜勤明けではありますが意地で少しでも進めます。



納屋のデッキの屋根の下で胴縁=入口左の袖の部分の外壁の下地 を刻みました。
45mm角を使うので、胴縁の厚み20mmを残し柱の部分の欠き込みの加工であります。
切り込みのストッパーを聞かせて延々と刃を前後させながら少しずつ横方向に送ります。
170916-01
デッキの奥行きが2mあるとはいえ、雨はけっこう降っているので機械が濡れないようにすると作業スペースは狭いです。
狭い所にしゃがんで膝を床についたままなのでシンドイです。




1時間ほどかけてなんとか4本作りました。
170916-02




もう今日は打てないかと思っていましたが、小降りになった隙に打ちました。
170916-06






屋根の下で出来ることが他に思いつかず、久しぶりに、ホントに久しぶりに納屋の一室に上がってゆっくりしました。
170916-04
170916-05
まん中の薪ストーブは11シーズンお世話になった思い入れのあるバーモントキャスティングス社のアスペンであります。




何冊かあるターシャ・テューダーさんの写真集をパラパラとめくりながら、私の納屋の好みの原点がここにあったことを再確認しました。
170916-03




明日は所用、しかも台風がお見えになるので今週は以上でありました。








スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1314 No title
今日は。
 ただいま台風接近中で、バラバラと屋根を叩く雨音が強くなってきました。
一応対策はしたので、あとはなるようになれであります。

 入口扉周りが気になります。
いい雰囲気が出ればいいですね。
 納屋の壁の仕上がりがとてもいいです。
ストーブも前機種でも11年ですか。
完璧に生活というか人生の一部分ですね。
#1315 No title
yamadagagaさんこんばんは。
こちらはまだ小雨が降ったりやんだりで、台風が来る雰囲気は感じないです。夕方からがヒドいという予報にはなっています。完成していない小屋の中の物、とくに立て掛けた長尺物の転倒が気になります。

入口周り、今の状態では推測がしにくいかと思います。胴縁に30x120のドア枠がついて納屋風の扉がついて、なのですがドアノブを見せたくない、ドアロックを見せたくない、で苦心しております。

ストーブは、中でも薪を得る段階は、完全に人生の大部分を占めております。人様から見れば物好きで変わり者でしょうが、幸せです。感謝しかありません。
#1316 No title
massanさん、こんばんは。

台風の中、なんとか胴縁を付けられたという感じですね。

どうやら私、massanの納屋を始めて見た気がします。
なんだかとてもいい雰囲気を醸し出しています。
11年目の薪ストーブも長く使えばもつのですね。
物は何でも大切に使うの意が大事だ、と感じた次第です。

来週はどうなるのでしょうか?まだ納屋増築をされるのでしょうか?
そうであれば、少しでも作業が進まれることを祈っています。
#1317 No title
テツさんこんばんは。
薪ストーブはメンテしながらけっこう長く使える物です。この薪ストーブは11年でリタイヤさせてしまいましたが、場合によっては復帰もアリかも知れません。定年後の話しです。

ありがとうございます。作業の進度より日が過ぎていく方が早い気がしています。おそらく薪狩りシーズンとかぶるでしょう。でも外だけは完成させます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する