FC2ブログ

納屋増築~外壁の続き




この週末は土曜日のみの作業でかつ雨で作業開始が遅れ、加えて夕方から職場の歓迎会なので4時には作業終了となり、外壁張りは少ししか進められませんでした。張った枚数としてはたったの5枚でありました。出隅を回り込む部分で手間を食う部位だったので余計であります。




前回終了時は斜辺を3枚残す所でありました。
170820-12




今回もまず目板の切り出しから初めました。
買ったままの板はなぜか中央が痩せていて両端が幅広なんですよね。
写真では見づらいかも知れませんが、両端がフェンスにくっついていても中央は隙間があるのですよ。
170826-03
まん中が細い理由を考えてみました。
2m物なので2mの長さの丸太で保管されているはずなので両木口は乾燥が進み既に収縮している状態で製材し、板になって幅も仕上げられて乾燥が促進される状態になってから乾燥不十分の中央部分が乾燥に伴って収縮するからという事ではないかと思います。つまり製材で幅を決めた時点ではまん中はまだ含水率が高かった訳ですね。




で、もし未乾燥の状態で壁に打つと後に釘の部分で割れる力が働く訳ですよね。それで無くても無垢板は膨張収縮が激しいはずなので釘位置を十分配慮しなければなりません。私は今回、釘位置を幅3等分の中央2ヶ所にしました。この結果がどう出るかはわかりません。




というわけで先に木端面の湾曲した部分を除去する為にほんの2~3mm耳を落としました。
170826-02




目板、今日使う分は確保できました。
170826-05




扉の製作も考えていかねばなりません。
6寸の板から目板(約30mm)を1枚切り出して残った約150mm9枚を扉用に確保しました。
170826-04




扉はこんな感じになる予定です。
170826-20




で、斜辺の残り3枚と東の出隅の面と、
170826-07




南面に回り込んで1枚まで張ったところで終了でありました。
170826-06









スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#1300 No title
今晩は。
 私もそう考えます。
挽いた時点では真っすぐなはずですから、その後の乾燥収縮の率が違うのでしょう。
 いい雰囲気の仕上がりですね。
写真では判読しづらいですが、羽目板の出隅の小口処理はどうされたのでしょうか。
目板は片方向だけからでしょうか。
 もう少しで薪シーズンに差し掛かります。

近くの公共施設にカシの伐採木が放置されてますが、暑いので気力湧かず、声掛けしていません。
他人のものながら、乾燥が進んで割りづらくなるだろうと、いらぬ心配をしています。
#1301 No title
massanさん、おはようございます。

先週末は、土曜日しか作業できなかったのですね。
でも、お疲れ様でした。

買ってきた長板というのは、真ん中部分が収縮して縮むのですね。
そんなこと私には全然わかりませんでしたが、物を作るというのは
そういうところから注意をしていかねばならないのでしょう。
よい勉強になりました。
(私の趣味にも通じるものがあります)

外壁貼りは5枚とのことですが、少しでも進めばいいと思います。
ただ、yamadagagaさんがおっしゃるように、もう少ししたら
薪狩りシーズンに入りますよね。今年どこまでできるのか、期待を
しながら作業がうまく進まれますように祈っております。

では、よい1週間をお過ごしください。
#1302 No title
yamadagagaさんおはようございます。
今日新たな知識を得ました。少々遅いと言えば遅いのですが、KD材は中の油分も抜けて防腐/防虫性を阻害するようです。とはいえ自然乾燥後製材しモルダーにした材など私が行っている材木屋には無いと思います。今の時代それが普通なのかもしれません。納屋を建てた頃はKD材はあまり聞きませんでしたし買った桧3寸角は後でけっこう割れて来たのでKDではなかったと思っています。雨に曝される外壁の板材の中央が幅狭になっていたということは良かったことのような気持ちでいます。

出隅の納め方はホント苦慮しました。正面から見て一番良く見える事に重きを置きました。顔とも言える入口扉の両側の羽目板の幅が左右対称になるようにかつ右端の板の幅が極端に狭くならないように、いわゆる「誤魔化し」しました。そんな意味からも出隅の板の取り合いは、羽目板の出隅側を勝ちに張って目板で出隅羽目板の木端面を覆う形で打ちました。これが逆に正面側を勝ちに張ると目板は出隅側に打つ事になり目板の木端面が正面から見えることになるので避けました。以上は隣り合う面を連続/展開的に見て考えた素人考えです。でも本当は正面を勝ちにしてL型の目板で角を覆うのが正しい気がします。まだ回り込んで1枚張っただけなので、また別の理由もあり(今のままだと上段の桁の脇の部分が極端に細くなるので)やり直そうかとも思案してはいます。

薪狩りシーズンがもう目前に迫っている感が強くなってきています。中はともかく外だけは薪狩りと平行しながらでも終わらせたいと思っています。yamadagagaさんの近くの公共施設のカシはいずれyamadagagaさんの物になるので割りづらくなっても薪割り機があるので大丈夫と思いますから涼しくなってからどうぞ(笑)
#1303 No title
テツさんおはようございます。
新たな発見がたまにあって面白いです。
土日フルに使えないこともあって当たり前なので少しでも進めば止まっているよりは良いですね。そのぐらいの気持ちで行かなければとは思っていますが、薪狩りシーズンも近づいているので気合いは入っています。いくらかの期間は薪狩りと重なるかも知れませんが外だけは終わらせます。

まだ暑さは依然としています。テツさんも十分お体に気を配って下さい。では1週間頑張りましょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する