納屋増築 - 基礎の高さ測量




この土日は一日しか使えません。
そのうちの半日がハイエースのオイル/エレメント交換と草刈りでつぶれました。




納屋増築の建て方間近です。
基礎の高さをレーザー墨出し器を使って測りました。




まず基礎の柱が立つ部分をサンダーで削りながら水平出しをしました。
9ヶ所です。
私には 「盛り」 で水平を出すなんて芸当は無理。 
「削り」 もフリーハンド削りなのでだいたい想像がつきます。
隙間があった方が密着しているよりは腐りにくいでしょう、勝手な理屈を口走って済ませます。
170715-05




まん中にレーザー墨出し器を置いて水平の光を出します。
柱の立つ部分に同サイズの端材(両端仕上げ済)を立てて、レーザーライン位置をマーキングします。
170715-07




なんともテキトーなマーキングですが、まあこんなもんで十分だと思います。
170715-06




所詮ど素人が打ったコンクリ、なんと13mmも差がありました。
でも数値に合わせて柱の長さを調整するだけなので何ら問題はありません。
170715-08





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1270 No title
今晩は。
 10㎜は大きいような小さいようなですね。
手打ちで固いコンでしょうから、やむなしでしょう。
レベラーで調整や、天端均しモルタルがないのですから。
 対策済みかもですが、仕上がって後に柱にかかった雨水が柱下に廻るのを避けたいですね。
外部の仕上げが不明ですが、板金とか基礎パッキンでしょうか。
#1271 No title
たぶんyamadagagaさんですよね、こんばんは。
もともと天端レベラーを使わないで土台を敷かないで柱の長さで調整する予定だったので、いちばんシンプルなやり方なのではないかと思っています。仮に-20mmでも-30mmでも柱を長くすれば良いだけなのですから。

外壁は水切りは使わず、基礎外面より外の位置で、基礎天端より低い位置まで外壁材(杉の赤身)を、縦羽目板目板打ちで仕上げる予定です。柱の底面に敷く物を物色していたのですがイマイチ合うのが見つからないのでせめて基礎の湿気をシャットアウト出来るように外壁用の透湿シートかPPシートを敷こうかと思っています。かつ、クレオソートを塗っておこうかと。
#1272 No title
今晩は。yamadagagaです、失礼しました。
 記事にもありましたが、なるほどです。
建築の上野さんの薪小屋も、ブロック基礎(横に敷くだけ)の天端揃えは困難、というより何か所もあってどだい無理な話で、最初からさっさと柱長さで調整されていました。
古民家さんは、なかなかきまらずとても苦労されていました。
 目板打ちとはシックですね。
施工、経年変化とも楽しみです。
#1274 No title
massanさん、おはようございます。

納屋増築も建方間近まできましたね。
私は建築関係から離れてだいぶ経ちますので、レーザー墨出し器
なるものを知りませんでした。

基礎の高さの差も少しあったようですね。
でも、柱の長さで調整できるとのこと。当たり前のことなのでしょうが、
レーザー墨出し器って便利ですね。

作業の方、うまく進まれることを祈っております。
#1275 No title
yamadagagaさんおはようございます。
上野さんの件やはりそうでありましたですか、柱長さで調整してもぱっと見に何ら不自然さは無いと思っています。むしろ土台敷いてキソパッキンのスペーサーが10mmを超えたらどう見ても変です。また時間掛けて基礎天端を仕上げるのも得策とは思えません。なにせ所詮素人の趣味で建てる、それも物置ですから。

目板打ち、本当は経年変化の楽しめる無塗装で行きたいのですが納屋との兼ね合いがあって無塗装は不自然な感じになりそうで塗装をする事にはなります。色を悩んでおり未決定です。無難に同系色か切り替えを楽しむかです。
#1276 No title
テツさんおはようございます。
レーザー墨出し器、ホントにありがたい文明の利器です。本職用はアホみたいに高いですが、素人用はこれが無い場合の手間を考えると安いです。私の場合はソコソコ使用頻度もありますから。

お心遣いありがとうございます、刻みや設計のミスが無いことを願うばかりですがそれはあり得ません、いつも何かはポカしてます、覚悟はしています。まあ、それもブログネタになっておもしろいかもなどと脳天気さ丸出しです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する