洗面所の混合水栓金具交換


昨年から混合水栓金具ばかり付け替えてます。これで3ヶ所目であります。


遡ること16年、2001年5月に私がDIYでリフォームした洗面所であります。
コンクリートの箱のような風呂の一部です。タイル張りだった冷たい感じの洗面所を木質主体にし、クロームメッキではなく真鍮の水栓金具にしました。
170514-01




初めの頃ピカピカの成金趣味な感じがイヤだったのですが、長い年月を経て渋い色になって緑青も浮いて折角いい味が出て来たところでした。
170514-02
でももう修理不可能、少なくとも一旦外さないと付けたままではどうにもならないところにまでなっていました。今まで何度も水漏れに悩まされて苦心して修理して使って来ました。まあ、16年使えば十分やろ、ということで今度は日本製の水栓金具をインターネットで買いました。




で、古いのを取り外したらニップルがボロボロに朽ちていました。
そう遠くはない将来ここから水漏れを起こしていたかもしれません。というか、この部分で折れてあっという間に水びたしだったかも知れません。良い時に交換に踏み切った気がしています。
170514-03




取り付け完了しました。
170514-04
コックが前向きになったのと吐水管が低くなったので違和感はあります。
でも日本製なので部品がバラで買える安心感が良いです。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する