薪の野積み



採って来た薪をずっとコンテナに入れたまま放置してあったので、少し積みました。
これは1回目の分です。積んでみると、たったこんだけって感じです。
2回目の分はまだほったらかしです。

パレットが立ててあるのは、薪を美しく積む為です。
いつも面がガタガタになって見苦しいのです。
薪のある風景は大好きなので、なんとか美しく積みたいのであります。
早くても来年のゴールデンウィークまでは野積みなので。
写真では見にくいですが、はしっこにはφ16の異形棒鋼が打ち込んであります。
もう一方にも打ち込んで、両方をロープでつなぎます。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#30 No title
薪積みにも”美”が必要ですか。
凄く几帳面です、見習わなければ。
#32 No title
ありがとうございます。
まったく几帳面なんかではありません。
昨シーズンがひどすぎて、倒れるのではないかと思うほどゆがんでいたからです。
それに、定規をあてて積むとかえってスピーディーに積めます。

やはり薪積みにも ”美”は欲しいです。
オブジェみたいな物です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する