連休もやはり薪関連の作業です



今シーズンに使い切れず来シーズンへの繰り越しとなった薪の整理です。
170501-01




入口近くに新たに薪棚(手前の囲い)を作って移動しました。
170501-30
奥の薪(’11~’13カシ)と手前の薪(’13ほぼコナラ・クヌギ)を合わせて約1.3立米ほどであります。
あと4立米ほど外の薪棚から取り込んで来シーズンの準備をせねばなりません。




その前に先週からやっている浸水対策をしなければなりません。
170501-05




とりあえず防水剤入りの補修モルタルを薄く塗りました。
きめの細かい補修モルタルだったのですり込んでおきました。少しはましになるでしょう。
170501-06




これは浸水対策ではありません。
3年前に屋根を葺き替えた時に取り付けた雨樋ですが、軒樋を取り付けただけで放置、垂れ流しの状態でした。
170501-12
これではやはり地面に水たまりができるのと、雨の日に薪を取りに来たときに鬱陶しいので、やっと竪樋を付ける気になりました。




たいそうに言うほどの作業ではありませんが、完了です。
170501-13




コロ薪小屋の屋根が逝ってます。
170501-09




塩ビは耐久性が低いですね。
170501-08




笠釘が無かったのかトラスネジで張ったのですがサビサビです。
170501-10




完了です。またしばらくは大丈夫でしょう。
170501-11




そろそろチェンソーのメンテの季節ですが、まだそこまで行きません。
とりあえずソーチェーンだけでも研磨です。
というわけで、こんな物を買いました。
170501-03




刃をちょっと特殊な形状に研磨できます。
170501-04
上刃の下はバックスロープの方がキックバックを押さえる効果があるはずなので、砥石の成型次第でこんな形になります。普通にRに成型すると、刃が短くなって丈が低くなってくるとボトムを削り込んでしまいますが、これだと大丈夫です。




専用の砥石をつけて首振りを10゜にすればデプスゲージも研磨できます。
170501-14




今シーズンはMS150Tで2回、MS390で2回も鉄を切ってしまいmm単位の研磨を余儀なくされました。
mm単位の研磨って時間がかかるのですよね。そしてデプスゲージの研磨がうまく行ってないことが多く、大抵は取り足りなくて切り進まないのです。その辺を一気に解決する為の投資です。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1214 No title
お早うございます。
 あの屋根貼りから早くも3年ですか。
なんだかなーです。

 新兵器導入ですね。
今シーズンは鉄や石を切ることはなかったですが、過去に数回やっており、2回はソーチェンをお釈迦にしました。
ミリ単位はちょっとできず農機具やに持って行くと、研ぎ1回につき1000円で、ダイワ製だったか、その手の機械でした。
 
デプスは手では結構難しく強引に擦り下ろしますが、未だよくおりるヤスリが見つかりません。

 研ぎ後の刃の形状が特殊ですね。
見たことがなく、R形状でないと不安な気がしますが。
 
草刈り機の笹刃なんかは研げないんでしょうね。
 
 
#1215 No title
yamadagagaさんこんばんは。
早いものでもう3年ですね、そのうちするいつかする、そのいつかは3年でした。まだ東側の破風の部分が垂木丸出しです。まあぶら下がっているだけの垂木ですが。ブリキは買って来てあるのですが。

新兵器導入でした。mm単位を4回もやって心が折れました。農機屋に持ってった方が安いですが、この機械そのものへの興味が勝ってしまいました。ヤスリで削るならダイヤモンドの粗いのを使っています。刃に当たりそうでイヤですね。

刃の形状が特殊なのはそのように砥石成形したからです。捨てる寸前の短い刃なので丈も低く、買ったままのRだとボトムを削ってしまうので砥石外周はほぼフラット(やや鋭角)です。問題はこの形状で研磨するとこのあともコイツでやらないと形状が合わないことです。買ったままのソーチェーンも砥石研磨仕上げの目が出ていますが、丸ヤスリで研磨することを想定した形状になってます。カッターナイフで紙を切るのと同じ理屈で、横刃はバックスロープの方が切れるのです。一番理想はカッティングコーナーから下は全域にわたってバックスロープなのですが、丸ヤスリや砥石でこれをやると上刃までバックスロープになってしまうので角ヤスリで難しい研磨をしなければ出来ません。なので少しだけ妥協して上刃だけフックにしてます。

草刈り機の笹刃ですか、キマル技研から出てますが異常に高いですね。このベンチグラインダーに後付けアタッチメントで出来なくはなさそうですけどね。
#1216 No title
massanさん、こんばんは。

連休も薪関連の作業をされるのですね。
細かい修理とかが多くて大変でしょうが、この時期しかやれない
と思いますので頑張ってください。

しかし、いつも思いますが、massanさんはほとんどすべての
修理などをご自分でされます。私としては、とてもすごいと
思うところです。

私は、クワガタ作業しかできない男です。
日曜大工(DIY)でも簡単にできたらいいな!と思いますが、
それができない性質なので仕方がありません。

連休はまだ続きます。よい休日をお過ごしください。
#1217 No title
テツさんこんばんは。
修理してるのか壊してるのかわからないときがよくあります(笑)、性分ですね、一度は自分でやろうとしてしまいます。
クワガタ作業も知らない人からすれば立派な特技ですよ。誰しも好きと嫌い、得意と不得意があります。
テツさんはちょっと休みが少ないような感じですかね?なかなか楽しい仕事に就かれたような気がします。農作業は私は今は離れて妻にまかせっきりですが、時間があればやりたいことのひとつです。育てている物が大きくなっていくのははりあいの良いものですよね。はりあいの良い事をするのは免疫機能にも良い作用があるはずです。長く続けられる事を祈っています。
#1218 No title
こんにちは、お邪魔します。
段々と暑くなって来るので早く薪仕事終わらせたいですよねぇ~(笑)僕はなんだかんだ一年中薪関連の作業をしてる感じです(涙)
目立て機いいですねぇ~興味深々です

#1219 No title
これはこれはgarage254さん、
おこし頂きましたですか、お恥ずかしいようなブログであります。
私も結局突き詰めれば薪に関連している作業がほとんどです。早く終わらせたいくせに、終わると張り合いがないのでなんなりとまた作業を見つけては忙しがる、困ったもんです。

目立て機、やはりアメリカ製だなあ(悪い意味で)と思いました。やはり手を加えないと満足いく精度は得られません。あとは手の感覚で微妙な調整が必要な感じです。でもキマルより良いかもと思いました。
#1220 No title
こんな記事がありました。
http://shigematsu.org/?p=12858

#1221 No title
yamadagagaさんこんばんは。
わざわざ連絡ありがとうございます。

この方は私とFacebookのあるグループ内でやりとりした方で、内容もほぼやりとりした内容なんです。安いので魅力なんですが、私は英語わからないし、まあ日本で売ってるのを買おうと思ってずいぶん前に注文してあったのがやっと入荷したと言うわけでした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する