シーズン最終の薪狩り


今シーズン仲間とこの現場で作業するのはラストです。
N本くんとS苗さんが参加です。
170325-08
だんだん温かくなってくると、薪狩りも焚くのも気合いが入りません、惰性でやってます。




N本くんは2/25に伐ったエノキを搬出、元玉で薪割り台座を作って現場割りして軽トラで持ち帰り、積みきれなかった分は田んぼの薪小屋の’16シーズンの薪の上に積んで行きました。
170325-05




S苗さんは上の写真の15cmほどのクリを自分で追いヅル伐りで伐倒してさばいて、
ずいぶん前の未搬出の薪も一輪車で搬出し、
170325-01




伐採済みの細径木もさばいて搬出し、
170325-06




先週M森君が残していったクリを頂いて行きました。
170325-04




そして私は、まず先週割って放置して行ったコナラのコロ薪を搬出し、
170325-03




山に盛った玉のうち太いのだけ薪割りです。
170325-09




先週谷に残した枯死ハリエンジュの玉を引き上げてこれも割り、
170325-02




枯死ハリエンジュだけでソコソコたまりました。
170325-11




薪割りは完了、あとは薪小屋を建てて積むだけです。
170325-10
これらの薪は友人からの伐採依頼で受動的に集まった、かつ、中軽量樹種の薪です。
私にとっては二軍の薪で、おそらく我が家で焚くことはないだろうと思っています。
積んでおけば誰かの役には立つかと。もしくは災害などで大量の薪が必要になった時には役立つのではないかと。
そんなことが起こらないことを祈りつつ。




そして、N本くんに手伝ってもらってスギ丸太の皮を剥きました。この丸太は薪棚の側面の柱になる予定です。
170325-12
なるべく真っ直ぐなものを選んだつもりでしたが結構反っています、まあ愛嬌です。




帰って、家でも薪割りを少しして、
家の土場の野積み棚も一杯になりました。まだ積んでないのもあります。。
170325-13
今シーズンは雪が多くて途中で沈滞しましたが、終わってみると自家用の重量級の薪だけで無事に約8立米ほど薪を集めたことになります。
ありがたいことです。杣の神様に感謝、地主さんに感謝、仲間に感謝です。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1188 No title
massanさん、こんにちは。

今シーズンも最後の薪狩りとなったのですね。
お疲れ様でした。

いろいろと狩った薪を管理する作業が必要ですね。
新しい薪棚も作られるようで、薪を収納するスペースも
作らないといけないのでしょう。

薪狩りが終わったとしても、massanさんのことですから
いろんな作業が待っていることだと思います。
そう言えば、基礎工事の方も途中でしたね。
お忙しいとは思いますが、お怪我のないよう作業されて下さい。
#1189 No title
今晩は。
 雪で足踏みしましたが、みなさん何とか確保ですね。
二軍の薪ですか。
こちらは土場に持ち込んだものの、玉のまま放出かもです。
土場にツクシ有りで、近くのコブシも咲き始めました。
さほど冷え込みはないですが、いったん軒下に持ち込んだ薪を棚に戻すは面倒と、薪よ減れと焚いています。
#1190 No title
テツさんこんばんは。
まだまだいろいろとすべきことが頭の中で渦を巻いています。
納屋増築、覚えていて下さって嬉しいです。まだそのモチベーションがやって来ません。
ありがとうございます、焦っている時にこそ怪我に気をつけなくてはいけませんね。
#1191 No title
yamadagagaさんこんばんは。
なんとか目標分は確保できたと思います。
玉のまま譲渡が手っ取り早いでしょうけど、探すのも面倒、譲渡時に立ち会うのも時間を食う、いっそのこと薪にしておこう、です。

今年は遅れています。1週間以上も。昨年の今頃は既にモクレンが満開でしたが、まだ蕾が伸びて来たところです。筍もまだ全然アカンと聞いています。

今シーズン用の薪はできる限り使い尽くすのが良いのですが、残ります。勿体ない話しではありますが「薪よ減れ」の気持ち、よくわかります。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する