2日連続で薪搬出、伐倒はせず




3月10日金曜日

有給を取って1人で田んぼの薪小屋のある現場の片付けであります。
見るからに割りにくいひねくれ玉や枝薪の採り残しが一杯あり、そろそろ納めなので片付けさせて頂きました。
170311-01

170311-02

170311-06




そして危険木の処理です。
立ち枯れハリエンジュの木口、赤身がほとんどだからか全くボケておらず艶さえあります。樹皮は既にズルむけています。ハリエンジュの気乾比重はコナラとほぼ同等、焚いた感じも似たような持ちですから使わない手はありません、玉切り搬出します。
今日のところは放置ですが。
170311-04
含水率は17%ほどで、すでに乾燥済みの長い薪ができあがっています。
170311-05
難点は、たいてい細長く伐倒時に他の木に掛かり木になる、もしくはすでに掛かっているということです。




ほかにも要処理木があります。
黄矢印は雪折れしたスギで、同一人物です。
赤矢印は隣地の枯死ヒノキが当方のスギに掛かっていて、谷での作業が危険なので要伐採です。
170311-03
で、一応伐って寝かさせては頂きました。




玉切ってはおきましたが搬出はまた今度です。
170311-07




家へはコナラ属のみ持ち帰りました。伐倒せずとも十分な量でした。
170311-08
このうちコロ薪が3杯ありますが。




コロ小屋、半分ほどになりました。
170311-09
今シーズンは少なめです。




3月11日土曜日

会社の先輩宅にて既に伐採されたヤブツバキの搬出です。場所は椿神社のすぐ近く、シャリーさん宅のご近所さんです。
S苗さんと新人のK嶋くんも参加です。
170311-10




20cm~30cm超えの太いヤブツバキが何本もころがっています。
170311-11




私が伐倒したのではないのでコメントは差し控えさせて頂きます。
170311-12
ツルがほとんどありません。




半日ほどで玉切りの山になりました。
170311-13
S苗さんとK嶋くんのフィッットの後部座席を倒してそれぞれ満車に積んで、




私も太いのばかりもらって帰りました。
170311-14
伐採済みの搬出は早いです。帰って3時くらいでした。




少し割ってみました。硬いです。
シラカシに匹敵する比重なので上等の薪になります。
170311-15




持ち帰ったらその都度迅速に割って積む、が私のやり方なのですが、野積み棚も一杯になってきたのでついつい放置です。
170311-16



やがてシーズンは終わりです。

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1176 No title
massanさん、こんばんは。

そうですか。今シーズンも終わりに近いのですね。

私のクワガタ趣味も同じですが、後処理作業というのも
大事なものです。
うまく処理管理しておくと後々気分よく作業ができます。
でも、なかなか管理等は後回しになってしまうのですが・・・(^-^;

椿神社、何度も行きました。懐かしく感じました。
#1177 No title
テツさんおはようございます。
早いものでもうシーズンイン5ヶ月がすぎ、終わりを迎えようとしています。好きなシーズンはあっというまに過ぎていきます。と言っても夏も冬も好きなので1年があっという間で、この勢いであっという間にジジイになって行きそうです。

最後の片付けは大切ですね。また来シーズンに気持ち良く始められるように、地主さんに不快な思いをさせないように、そして何より大自然に感謝の気持ちをこめて、です。

椿神社、その一帯を「つばき」と読んでいますが地名では無く地図にも山本町としかありません。ただ「椿郵便局」「椿小学校」など椿の文字を冠した施設が結構あります。やたら椿の木が多い所です。椿神社の裏の山にも献木された椿が一杯植わっています。
#1178 No title
今晩は。
 そういえばシーズンも終了間近です。
あっという間ですね。
 ハリエンジュは、クヌギ、ナラにはるかに劣ると思ってましたが、なかなかどうしてです。
赤身の組成の多さもありますが、カリなどの含有成分も違うのでしょうか。
立派な薪です。
 枝、コロの多さに脱帽です。
こちらでは、枝は先輩のチップになり、その辺は罪の意識はやわらぎます。。
 薪棚の整理や移動で、5月連休までに完結したいと思ってます。
小屋増築の木工事も始まりますね。
ボチボチかつ迅速にいきましょう。
#1179 No title
田んぼの現場の後片付け行けなくて申し訳ない。いつもながら美味しい所だけ頂いて悪いな。そしてこちらが請負った近所の現場行っていただいてありがとうございました。近所で顔合わす機会が多いし、おんなじ組やし、お互いの両親同士も仲良うしとる間柄できれいに片づけてやりたかったでな。大雪降った時に除雪しとったら、そこのおばあさんにおうて「あんた年末にちょぼっとしかもってかんだんやな」て言われとったし、ずっと気になってたんやわ。
残っとるものあるかな?


#1180 No title
yamadagagaさんおはようございます。
ハリエンジュ、何が違うのでしょうかね、数値的にはコナラよりやや下でケヤキ並みですが、湿気の多い所に長く放置してコナラはボケやすいのでいざ焚く時に重みを比較するとハリエンジュいい勝負しています。

細い部分を別の用途で使ってもらえるなら私たちも採るのをやめるのでしょうね。でも火をおこす時は重宝しています。切る手間、積む手間は馬鹿にならないくらい大きいと思います。

私も5月までには薪から手を離したいと思っています。小屋増築、冬の間何も考えてないので思い出すのにと、モチベーションを上げるのに時間が掛かりそうです。
#1181 No title
シャリーさんおはようさん。
全然かまわんでえ。片付けるゆうても、その分もオイラの薪になったんやから。赤戦車にはずいぶん活躍してもろうたしな。
S野さんとこ、オイラが横取りしたみたいでちょっと気が引けるな。あんまり役に立てやんかったかもわからへんわ。なんせ柴が多すぎて、丸太も多すぎて、せいさい載せたつもりでもまだ残っとったな。(たぶん)ヤブニッケイがでかいのが残っとるな。シイみたいなんもでかいのがまだあったわ。ヤブツバキも10cmくらいのは結構あるかも。きのう会社で会って、もういらんのか?と言われたけど、時間さえありゃあもっときれいに片付けてやりたいけど、厳しいなあ。
#1182 一つ教えて下さいませ。
ニセアカシアは伐ったことがあります。
非常に固くて、山肌に寝かせておいても何年も腐りませんでした。
ところで、
この春先に「アカシア」の大木を伐るのですが、まっさん様、伐った事ありますか?
比重はどんなもんでしょう?
#1183 No title
そまやさんおはようございます。
アカシアは伐ったことも見たことすらも無いですね。比重の表にもアカシアは無く、そもそもアカシア属には数百種のものがあるとのことなのですが、なかには比重1.2ほどもあるスゴイのもあり、総じて重いのではないかということが推測できるかと思うのではあります。大変興味があるので伐ったらブログにアップしてくださいね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する