本日の薪狩りはどんど焼き用の薪




本日は友人に依頼されて某神社の巨大なエノキを伐採させて頂きました。
M森君とN本くん参加です。
170304-01




まずは隣木との枝絡みを切り落とす為に登りました。
一旦途中までロープでクライミング、そこでスリングで確保して置いてロープを外し更に高い股の所にロープを掛けかえて高く登りやっと目的の枝に到達し、その枝を切って、
170304-03
170304-02




次はプルラインを取り付ける為に前面の枝に登りました。
170304-04
三倍力システムではランニングスナッチをプルージックループを使ってプルラインに取り付けますが、適切なロープが無くグリップが不安なので木には2本のロープを取り付け、そのうちの1本をランニングスナッチ用にしました。




ちょうど良い所に電柱があったものです。
上はガイドスナッチをつないだロープで下側は木側からのランニングスナッチを通ったプルラインを牽くチルホールが台付けしてあります。木の太さからツル厚が10cmほどもあり、これをへし折って重心移動させるにはT7(750kg)では不安なので三倍力システムにしました。ロープも2本分の強度となる訳です。
170304-05




受け口は前部の根張りにちょうど当たるので、おちょぼ口な感じです。右側の縦長の大きな洞からして樹心はほとんど分解済みだと思っていたのですが、受け口から見える部分ではけっこうシッカリしています。根張りのある高さを狙ったのが正解でした。
170304-06




後方左側の根張りを追いヅルに利用します。
170304-07




前方からはM森くんが、後方からは私が動画を撮りました。
[広告] VPS

「家やばかったぁ」と言っているのは私です。長く伸びた枝が家の壁近くまで達していました。




無事に着地です。
170304-09




樹高は15m越え、入りきらないです。
170304-08




ツル長さが約90cmほどでした。かなり下で伐ったので根張りもあったので大きめに出ています。胸高径だと80cm強だと思います。
170304-11




あとはひたすらどんど焼きの薪サイズで切りまくりました。
どんど焼きは1m薪です。柴の山がいくつかと巨大薪がゴロゴロした状態までは完了しましたが写真撮るのを忘れていました。
伐倒がうまく行った時点で既に終わった感がありダレダレな気持ちでやっていると3人揃って木に噛まれることもあります。
170304-10




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1172 No title
massanさん、おはようございます。

神社にある樹って、巨大なものが多いです。
今回のエノキもかなり大物でしたね。

記事を見てますと、枝払いが大変だったような気がします。
かなり他の樹にもかかっていた感じですので、その辺が
苦労されたのではないでしょうか。

黄色い家がありますが、倒す前方は開けてましたね。
受け口や追い口などはよくわかりませんが、
いつもながらにうまく倒されるものと感心いたしました。

このエノキはどんど焼き用にされるのですね。
どんど焼きをやる時期はだいたい1月半ばですから、
来年用になるのでしょうか?

今回もお疲れ様でした。
#1173 No title
テツさんおはようございます。
このエノキは私が今まで伐らせて頂いた木の中で一番太かったです。そうなんですよ、枝絡みを取り除くのに半日近くかかってしまい、解体のまま放置で帰らざるを得なくなりました。あとは自治会の人たちが出会い仕事で片付けることになると思います。

お褒め頂きありがとうございます。思ったより木の中身がしっかりしていたので狂いませんでした。切り口は納得出来ないもの、全然修業が足りません。

今回の木は来冬のどんど焼き用だそうです。
#1174 No title
今晩は。
プロです。
3倍力システムやブルージックループも検索して初めて知りました。
ただただ感嘆です。
切り口の苦労も分かります。
狙い通りで、ともかくお疲れさまでした。
#1175 No title
yamadagagaさんおはようございます。
いやいやお恥ずかしい事でございます。「ごっこ」ですよ。バーが届かない時に行き違いになるのはほぼ100%です。なんとかコツをつかまねばなりません。バーが長いだけに剛性の問題もあるでしょうが、重なった部分をなくすように切れば段差は出来ても行き違いまでは行かないのでしょうけど、今度はスパイクが使えなくなってシンドイのですよね。ならもっと短いバーで、と言うことも出来ますが、すると受け口切りに不便になります。

依頼されてからずっと研究していたので、なんとか狙い通りに、物を壊さず倒れて頂いたので、燃え尽きました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する