久しぶりの伐倒 アラカシ



本日は久しぶりのこちらの現場、田んぼの薪小屋の現場です。
170218-16




まず家に置いてあったスギの玉を、
170218-01




運び込んで薪の山に追加しました。薪棚を春にはもう1つ建てねばなりません。
170218-30




本日は私一人のボッチくんなので、控えめなヤツを1本だけ行っときます。
大中小とありますが、小を頂きます。アラカシです。
170218-03




その前に、このアラカシ3本の樹冠部にハリエンジュの立ち枯れが掛かり木になっているので2本ほど処理します。
170218-04
しっかり絡んでいます。
170218-05




そして伐倒の前に脇に出た枝を切っておきました。
枝は枯れてます。
170218-07




コナラやカシにはこんな焦げたような痕がついていることがあるのですが、これが何であるかはわかりません。
木のアクが沁み出したようにも見えます。
170218-08




既に新芽が膨らみ始めています。2月も半ばとなると、いくら寒くても自然は春の準備を始めるのですね。
170218-09




ハシゴを持って行かなかったので、4.6mのマストに股を差し込んだヤツでプルラインを押し上げます。
170218-10




プラロックで引き起こすには少々シンドイ、結構な起こし木です。
170218-12




プラロックで田んぼの上から牽きます。
170218-11




[広告] VPS





最大径でも30cmソコソコの細い木でした。
今回は起こし木という事もあり、追い口を受け口より高くしました。最近は高さを揃える方が多かったのですが久しぶりです。
追いヅル伐りであるのは同じです。今回は追いヅルを手鋸で切り離しました。
170218-13




大きな瘤があり、なんか不気味な形してます。
170218-15
170218-14




中華製一輪クローラーでひたすら搬出、昼過ぎに終了でした。
本日の持ち帰りはこれだけでした。
170218-17




そして時間が余ったので、薪割りではなく、
チェンソーSTIHL MS150Tのガイドバーカバーをいじりました。
トップハンドル用のは35cmまでしかなく、このチェンソーは30cmバーなので先端が5cmも空いているので邪魔になります。
特に木の上でです。
170218-18
輪っかになった部分をチェーンブレーキに引っ掛けるところがミソです。
意外とスムーズに引っ掛かってくれてしっかり保持してくれます。
↓元はこんなカッコいいヤツだったんですが、邪魔なものは仕方ありません。
170218-19





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1164 No title
massanさん、おはようございます。

ようやく雪が融けたのですね。

そう言えば、コナラって黒い痕が付いている時ありますね。
樹の内部から出るアクなんですね。

伐採したアラカシ。細かったようですが、からまっている樹が
邪魔でしたね。でも、動画で見るといつもながらにうまく倒せ
ている気がいたしました。お見事です!!

まだ伐採は続くことと思いますが、お怪我だけは注意してくださいね。
#1165 No title
テツさんこんばんは。
雪はほぼ融けてますが、田んぼの端っこにまだ少し残っていたので驚きでした。我が家と10mほどしか標高は違わないと思うのですが。

コナラに黒い痕がついているのを見たことがおありなのですね、アクとして、どうしてそれが沁み出すのか、虫の穴から樹液とともに沁み出すのか、気になります。

お気遣いありがとうございます。なるべく怪我はしないほうが良いですね。魔が差すというか、やっちゃいかん事を知っているだけではダメで、常に冷静に判断して、瞬間的な咄嗟の動きをなくさないといけないのでしょう。とはいえ咄嗟の動きが身を守ることもあり、難しいところですね。
#1166 No title
お早うございます。
 ぼっち作業ですか、いつもと違って動画が無言です。(笑)
 手堅い伐倒です。
いつも思うのですが、親指太さ位も含むのでしょうか、細い枝まで回収され大変です。
 MS150T、検索すれば30㎝バーもあるのですね。
木に登ってある程度の太さの枝ならば、トップハンドルと30㎝バーは要りますね。
自分は25㎝バーで、もっぱら下ばかりの作業ですから不足なく使ってます。
 バーケースですが、まるで最初からの出来合いの如く実にうまくカットしていますね。
 冬の風情ではありますが、自然は確実に春の準備をしています。
ラストスパートをかけましょう。
#1167 No title
yamadagagaさんこんにちは。
ボッチ作業はなんかつまらないものですね、自分でロープかけて自分で伐ってプラロック漕いで、あーしてこーしてとブツブツ独り言をほざきながら、ふとそれに気づいて自分で苦笑いして、ですよ。枝は指くらいまで採ります。脇枝がないとたばこくらいのを切ってしまっていて気づいてやめるといった感じです。手首くらいまでにしておけばあっという間に仕事が終わってしまい次の木を伐らなければならなくなり、柴は急速に増殖します。

MS150Tの30cmバーは十分回せます。5cmの差は大きいです。改造バーケースお褒め頂きありがとうございます。オレンジ色のPPシートで作ってみたりしましたが、今回のが一番使えそうです。

確実に春の息吹を感じます。冬芽だけでなく胴吹きの芽も膨らんできています。ラストスパートかけます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する