今シーズンのコロ薪はコンテナ17杯

備忘録 ~コメントお気づかいなく~


コロ薪小屋が空になりました。
161119-13




シーズン初めはこれだけありました。
161030-13




コンテナに山盛りにして17杯分でありました。
161119-40
やはりコロ薪はコンテナより大きな箱に入れた方が容積を喰わないことがよくわかります。




すでに今シーズンに出たコロ薪がこれだけたまっているので、コロ小屋に入れられるようになって一つ片付きます。
161119-14




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1084 No title
massanさん、おはようございます。

私が解釈している限りでは、コロ薪とは薪ストーブの最初の
焚き付けに使用するものだと思っていました。
しかし、画像を見ているとかなり大きな物もあるようです。
どうやらコロ薪とは、もっと広義的なもののようですね。

私はクワガタ飼育を趣味にしていますが、どうしても作業が終わっての
片付けがおろそかになりがちです。片付けもきちんとしなくては!!
とは思っている次第です(笑)
#1086 No title
テツさん、こんばんは。
焚き付けは細い目のできれば建築廃材などの針葉樹が理想かと思いますが、コロ薪は、長い丸太をたとえば40cmの薪に切っていったときに、丁度で終わるのが理想ですがどうしても半端が出ます。それがコロ薪です。長さが40cm薪と同様に扱うには不便がある短いヤツです。呼び名どおり 「コロ」っとしたヤツです。しかし私は細くて短いのやはがれた樹皮もコロ小屋で乾燥させていますからコロと同じ扱いです。

片付けがおろそかになると、片付けに掛かる時間以上の損失があるのではないかと思っています。とくに足元に邪魔な物があると頭の働きが悪くなると思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する