里山にてクヌギ伐採




本日、午前中は雨にて午後から山へ行きました。
シャリーさんとN本くんと私の3人でありました。




まずは自宅の土場にあった軽量級・中量級の薪を田んぼの土場に搬入しました。いずれもう1棟薪小屋を建てます。
161119-03




そして田んぼの薪小屋の網パレのコロ薪を、
161029-12




シャリーさん引き取りにつき、軽トラにポイポイ。
161119-04
網パレ1杯が軽トラ1車分ちょうどでありました。




せっかくなので簡単そうなクヌギを1本伐ろうかということになって土場の方から見るとコレです。
161119-05




横から見ると、伐れば勝手にお望みの方向(写真の右)に倒れてくれる難易度の低い木です。
161119-02




いつも通り追いヅル伐りで、最後はチェンソーを止めて手鋸で追いツルを切り離しました。
161119-06
本当はフンボルトノッチ(逆さ受け口)で伐った方が良いのですが、地際だったので土を切るといけないので。




簡単に着地でありました。
161119-07




40cmにも満たないひょろ長いクヌギでした。
161119-08




樹冠部、わりとサッパリしています。
161119-09




地主さん依頼のシイタケほだ木1m物を約30本採って、
161119-10




N本くんが小さい方から6玉持ち帰り、
161119-12




私とシャリーさんで4玉ずつ、後日引き取りで本日は置き去りです。
161119-11






スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1085 No title
massanさん、おはようございます。

う~~ん。なんだか、いろいろな専門用語が普通に理解できる
ようになってきた気がします。記事を読みながら勉強させて
いただいている。とても感謝する次第です。

私の趣味でも難易度の高い低いがあります。確かに難易度が低いと
簡単です。でも、なぜか難易度の高い方へ挑んでしまうのは人間の
性でしょうか。

今シーズンもお怪我の無いよう作業されてください。
#1087 No title
テツさん
難易度は自分の実力より少し上がおもしろいのではないでしょうか。

お気遣いありがとうございます。怪我で困るのは自分だけではないですものね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する