水溶性チェーンオイル

私はチェーンオイルに水溶性のものを使用しています。
理由は、このオイルは植物性で1:4に希釈するので油分としては微量になり、チェンソーがコテコテにならないということと、家でチェンソーを使った際の屑を畑に捨てられるからです。
原液はOREGON社のアルボロールです。

131104-01

私の希釈方法は、まず1Lタンクに800ccの目盛まで水を入れ、1000ccの目盛まで原液を入れてフタをして、思い切り振って攪拌します。
以上、すこぶる簡単です。


難点は、このオイルはほとんど出回っておらず、農機屋でもホームセンターでも買えないのです。
私は今回(といっても1月)は3本セットで6000(定価2100円)+送料800円でamazonで買いましたが、もう今はないようです。
ホームセンターで取り寄せると12本でということになります。
鉱物油が一番手軽に使えるから普及しないのでしょう。鉱物油はコテコテになるとは言っても、生分解性(植物性の油性)オイルのように樹脂化しないのでエアブローで飛んでいきますし。
ただ鉱物油の場合はチェンソー屑のやり場に困ります。

ここ、いいかも↓
http://www.fujiwara-shouten.com/shop/products/detail.php?product_id=116

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する