薪の含水率チェック


備忘録 ~コメントお気づかいなく~

コロ薪小屋の薪の含水率をチェックしたでえ。
161030-13




コロ薪小屋の一番上のオニグルミ剪定枝が約1年で、
161030-15
17.3%に、
161030-16




ごっついコナラのコロ薪も割って、
161030-17
15.6%に。
161030-18




昨シーズンのコナラ、野積み薪棚の一番上にあった。
161030-19
10cm強の四角い薪を、
161030-22
割って、
161030-20
20%越え。
161030-21
やっぱり、ひと夏ではアカン。
でもこの薪を焚くのは4年後やな。




おなじく一番上の指サイズの薪、
161030-23
これはもう焚ける。
161030-24




含水率チェック、以上。





薪狩りシーズンイン、この雑物をどけて
161030-12
野積み台(ブロック3列で薪2列積み)と、玉置き場を確保
161030-14




斑入りツワブキが咲いた、晩秋。
161030-11







スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1067 No title
massanさん、おはようございます。
備考録ということでしたが、コメント失礼します。

だいぶ寒くなりましたね。そちらは鈴鹿おろしの風が吹くので
結構寒いと思います。お風邪などひかれぬようご注意下さい。

さて、以前も質問したと思うのですが、薪ストーブに適した含水率
というのはどれくらいなのでしょうか?
含水率は高くてはいけないでしょうし、低すぎてもカサカサに燃えて
しまう気がいたします。
#1068 No title
テツさんおはようございます。
含水率はある一定のところから下がらなくなる(空気中の水分もあって平衡状態となる)のですが、たぶん17~18%くらいなら焚けると思います。20以上はちょっとという感じではないでしょうか。低すぎると早くなくなるだけですね。
#1069 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する