今シーズン初の里山作業


今シーズン初の里山での作業であります。
また4ヶ月あまりこの里山のお世話になります。
山持ちではない私や仲間が伐採から薪を得させて頂けるのは地主のおじさん、そして山の神様のおかげであります。



本日はメンバーが集まらず、ボッチです。木は伐らず作業場となる田んぼの整備です。
151031-03




昨シーズンは黄色で作業しましたが今シーズンの作業エリアは赤となります。
161029-06
161029-01
おもにコナラ、カシ、クヌギで、カキノキやクリやヤマザクラが少々といったところです。
搬出性は悪いです。シャリーさんクローラーよろしく。




この左側が伐採対象です。玉切りなどの作業をする場所は右側の小さな田んぼ3枚となります。
161029-02




その田んぼは休耕後に苗木の栽培をしていたらしく、細い木(樹種不明)がいっぱい生えているので、草刈りというより山の下刈りみたいな感じです。
161029-03




トタン類が散乱しているので片付けて、
161029-04




一応こざっぱりはしましたが、細くても木の切り株には違いないので歩きにくいです。
161029-05



雨上がりだったせいかでっかいヤマビルにつかれました。
なんやらヒザのあたりが冷たいと思っていたらそのうちチクッとしたのでズボンの裾を上げてみたらくっついていました。
噛みついたすぐだったので容易に引きはがせました。出血もなかったです。
11月初めまではヤマビルファイターが必要かも、です。





田んぼの薪小屋をシェアする仲間のために写真を貼っておきます。
1号棟右側はシャリーさんです。
161029-14


1号棟左側はMassanです。
161029-13


2号棟右側もMassanです。
161029-11


網パレのコロ薪は持ち主未定でしたがシャリーさんが引き取り決定となりました。
161029-15


2号棟左側はN本くんです。
161029-12

以上、田んぼの薪小屋の現状でした。





ヤッチンとこのアラカシのゴンダ、山へ行ったついでにチェンソー縦挽きで薪にして来ました。
161018-14

    ↓

161029-21
コンテナに2杯たらずとなりました。
161029-25




昨々シーズンの現場をのぞいて来ました。
クヌギにひこばえが伸びていましたが、シカに食べられています。
161029-22
同じくカキノキもひこばえが出ていますがシカにやられています。
161029-23
昨々シーズンはここでたしか20本近くの木を伐りましたが、ひこばえが出ているのはこの2株だけのようです。




カキノキのまだらな紅葉、まだまだ少ないです。実も青いのがあります。
161029-24
本格的な冬はまだ先です。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1065 No title
 お早うございます。
今シーズン里山初作業ですね。
写真を見ると、薪は無尽蔵にありそうです。
私の行動範囲では、ヤマヒルの被害は聞いていませんが、ヤマヒルファイターなるものもあるのですね。
 薪棚が増殖しているようですが、整然としています。
また、あれくらい庇が出てないとよろしくないようですね。
当方は、まだシートかけのもがあって、キノコの生えてるものもあります。
そのシートすら劣化しているので、雨水が浸透して全体が湿気を含んでいるようで、積みかえて干さないといけません。
 昨日(10/29)は、小生も山作業でした。
本日も招集(森のお猿さん)がかかってますが、昨日の疲れあり、PM出動と勝手に決めました。
 怪我なく今シーズンを楽しみましょう。
#1066 No title
yamadagagaさん
里山では初でした。やっぱり地元の山での作業は何やら癒やされます。薪は無尽蔵に見えていますが、やはり人数もあり楽観はできません。地主さんに対しても大自然に対しても誠意をもって作業に当たらせて頂かないといつまでも続くものではないと思っています。

薪棚増殖中です。まだ増やしたいと思っています。
山仕事されていましたか、ほどほどに体を動かすのは良いものですね、お互い無事故で行けますよう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する