煙突掃除




今年もこのシーズンがやって来ました。あと1ヶ月すると我が家はストーブを焚く季節です。
その前に煙突とストーブの掃除をやっておかなければなりません。




今日は午後から雨の予報なので、雨が降らないうちに屋根に上がるのですが、先に室内煙突のエルボをはずします。
煙突下端からストーブまでの間にエルボ(45°x2連)が付いています。
ストーブの位置を奥へオフセットする為です。
エルボは両端にレジ袋をかぶせて外へ運んで煤掃除をします。
160924-19




エルボの煤はこの程度でした。
160924-20




室内煙突の下端にはビニール袋をかぶせてビニールテープで縛ります。この時、ビニールテープは粘着側を外側にして巻きます。粘着部がビニール袋に付くとはがしにくくなるからです。テープを引っ張って伸ばしながら縛ると収縮力でかなり強く縛れます。
160924-01




そして道具を持ってトイレの屋根から上がります。
160924-02




持って上がる掃除道具はこれらと、あと8尺三脚脚立です。
160924-03
そして今回はこれ ↓ も使いました。林業用安全帯です。
160924-04
今まで使ってなかったのですが、安全上というより両手が使えるようになって便利です。




毎年同じような写真ですが、8尺の三脚脚立を立てて登ります。脚は煙突にベルトで縛ってあります。
160924-12




特別に煤が多いとは感じません、例年程度だと思います。
160924-05
下はというと、
160924-21
この程度でした。多いようにも見えるし、こんなもののようにも思える量です。




トップ(煙突の傘)は屋根の上で、レジ袋を受けて掃除をします。
160924-07
かぶさっている皿をはずして、
160924-08




掃除したらトップをかぶせてバンドをセットしたら、バックルに外れ止めの針金を差しておきます。
160924-09




個人的記録です。毎年、煙突掃除の時に納屋方面の写真を撮っています。
160924-06
だんだんポプラが高くなってきています。どこまで伸びるものなのか ...
体が動くうちになんとかしておかねば、です。




せっかく屋根に上がったので、ついでにあちこち点検です。
煙突掃除用のステップからワイヤーで引っ張っている部分、まだ大丈夫です。
160924-10




煙突を引っ張っているワイヤーを固定する、母屋側の金物です。錆びてきていますが今すぐどうということはなさそうです。また気が向いたら塗りましょう。
160924-11




谷樋の掃除もしておきます。
160924-13
160924-14
落ち葉と、既に腐葉土になった物です。
本当は落葉後に掃除するべきですが、梅雨前にも掃除をします。




台所の屋根、塗装後6年です。下塗り剤を塗ってからモスグリーンで塗ったのがこんな風合いになってます。
たしか3年くらいでこうなったような ...  面白い風合いなので、これもアリかもと思っています。
160924-15




パラボラの脚もまだ大丈夫そうです。11年です。
160924-16
160924-17
栗の皮が落ちているのは何故でしょうか? まだ新しいです。不思議なこともあるものですね。




車庫の屋根が随分老朽化しています。
160924-18
免許を取った時に建てた車庫なので、もう35年です。
車庫と呼んではいますが、車を入れていたのは5年もありません。作業場です。




屋根の上から裏にあるマサキの樹冠部を見たらアケビがぶら下がっています。まだ熟していません。
160924-51




アケビの近くにありました、山葡萄のようですが違います。ツヅラフジの一種かと思われます。
160924-55
webにこんな記述が ...
「葛藤(かっとう)」という言葉はこのツヅラフジの漢字から来ました。ツルが複雑に絡まる様子が感情のもつれを表すのにふさわしかったようです。また、折れ曲がった道を「九十九折(つづらおり)」と言いますが、この言葉もツルの様子から来たらしいです。」
さて真偽の程はどうでしょう。





花を食するハナオクラ、まだ咲いています。ハイビスカスの花に似ています。同じアオイ科です。
160924-54




シカクマメ、これもやがて終了です。
160924-53




ヤマウドの花が咲きました。
160924-52
山へ行くと、この花でヤマウドの在処がわかります。
場所を覚えておいて春に採りに行けばよいのですが、すぐ忘れてしまいます。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1029 No title
massanさん、こんにちは。

昨年も、薪ストーブの掃除の記事にコメントさせて頂きました。
もう1年が経ったのですね。早いものです。

と言っているうちに、薪狩りが始まるのでしょう。
でも、1年がルーティンになるって良いことのように思います。

また、いろいろ勉強させていただきますね。
#1030 No title
テツさん、こんにちは。
ホントに1年が早いです。こんな調子で行ったらあっという間にジジイになってしまいます。

確かに1年がルーティーンになるというのは無意識的にスムーズに行くことにつながりますが、反面において惰性に流れ改善・発展の契機に乏しくなる、などと哲学的な事をちょっと言ってみたり(受け売り)です。この拙ブログは基本的にDIY記録なので、毎年おなじ時期に同じような事をやった記事を書くしかないので飽きられます。本人は毎年新たな気持ちで少しでも違う事をやろうとしてはいるのですが、やっていることは結局同じようなことです。この当たり前な日々が感謝なのではありますが。
#1031 No title
もう煙突掃除てか、早いな。こちらは忙して何にも進んでないわ。
炊かんようになったら、雀が何回か煙突に入ってくれたでたぶん煤落としてくれたかな。それでも掃除はするけどな。今年の夏でまたようけの楢立ち枯れしたな。
薪狩り季節も近づいてきて楽しみやけど、現場行った時枯れた楢の木見るのはなんか寂しいな。しょうないけど。
#1032 No title
おお~シャリーさん、久しぶり。
もう1ヶ月もせんうちに焚き始めるでえ、はよせなあかん。
楢枯れけっこうあるなあ、どうせ伐るのでも生きた木がええなあ。オイラの伐る木は夏頃はまだ生きとったけど最近見に行ってないわ、明日いっぺん見てくるわ。
それはそうとシャリーさん、薪小屋は建てたんかいな?
#1033 No title
まだ建ててへんのです。あかんな~
置かしてもろうとる田んぼの薪はシーズン始まるまでにありがたく頂きに参上しますわ。地主さんにもよろしくお伝えください。
#1034 No title
シャリーさん
田んぼの薪はあわてて持ってかんでもええんやでぇ。
まあ、空にしてから次のを積んでもええしな。
地主さんはいくら使うてもろてもええてゆうてくれとるでな。
もひとつ建てるかも知れんし。
#1035 No title
お早うございます。
 煙突のデティールが良く解ります。
工夫と苦労の賜物ですね。
私は8尺の脚立はもうダメです。まして足元を固めていますが屋根の上では自分のほうが固まります。
 煤の量はどうなんでしょう。
シーズンには終日焚かれていることや、枝薪なども焚いているようで、やや多いかなと。
掃除をすれば同じことですけれど。
 林業用の安全帯は、スリムでよさげですね。
電工用のは重くて、腰からずり下がります。
空師なんかはチェンソーまでぶら下げてますから、用途によりいろいろ形ありでしょうね。
 庭がとってもバラエティですね。
ツヅラフジ、果実は有毒ですか。
 ウドもしかりですが、珍しい植物も目印をしておいて、今度花の時にまた来ようと、それは一度も実現したことはありません。

いろいろためになるブログです。
 
#1036 No title
yamadagagaさん、こんにちは。
煙突の上、安全帯のランヤードが煙突を抱えているので恐怖心もないです。木の上でもそうですが、登ってしまったら目の前しか見えません。

煤は一般よりは多いはずです。前のストーブの時よりは多いですね。ストーブのオーブン室の周りを回っているうちに温度が下がるのでしょう。オーバーナイトなのは前のストーブの時からですから。あれだけ煤が溜まる焚き方をしたつもりが意外と少ないのでは、というのが本音の感想なのです。

庭は手入れを怠っているために鳥が蒔いたものが育ってしまっています。サンショウなど有益な物もあるので、天の恵みです。

yamadagagaさんのドングリ、葉っぱの裏に星状毛が多く生えていて白っぽければアベマキか、とwebでは書かれていますがどうでしょう。
#1037 No title
今晩は。
 アベマキは、「葉っぱ、花、樹皮でわかる樹木図鑑」では、裏灰白色と星状毛とあるのですが、古くなったのか、星状毛がありません。”葉の先端はとがる”とありますが、この標本の”鋭くとがる”と区別しているので、なんだかわからなくなってきました。
今度は樹皮を確認ですね。
#1038 No title
yamadagagaさん
アベマキもクヌギも伐った事がありますが、葉っぱや樹皮ではイマイチわかりにくく、結局のところ私にとっては断面を見てコルク層の厚さでの判断しかありません。つまり伐ってみましょう(笑)。アベマキはコルク層がかなり厚く、外から押さえると弾力があると言っている人もいました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する