納屋増築 基礎partⅢベース施工




先日にコンクリ打ちした基礎、脱型しました。やはりいくらか豆板は出来ていましたが、前回よりはましでした。
念入りに突いた効果はあったと思います。ただ、打ち繋ぎ部分はやはり痕が出ました。
160827-02
写真はマノール補修モルタルで補修後です。




そして、次の部分の基礎工事にかかりました。
160827-20




根切り穴は連休中に掘っておきました。
先日の大雨で矢印まで水位があったようです(ゴミの痕がついています)。
160827-05



前回と同じく出土した小石をばらまいて、そこに砕石を敷いて締め固め、です。
今回は砕石に初めからセメントと砂を少々まぜてこねておきました。つまりドライ生コン、ですかね。

締め固めていたらハンマードリル用の自作ランマーアタッチメントが折れました
160827-06
160827-07
折れた部分は溶接のビードのすぐ上です。溶接不良ではなく疲労破壊ですね。集中荷重がかかる部分なのでしかたありません。スリーブなどで補強すればまたそのすぐ上が折れるのでしょう。ボールポイントなスイベル構造にすれば良いかもしれませんが 、、、 あ~めんどくさい。




で、締め固めに使える物として、玄翁で叩いてみましたが如何せん面積が小さすぎるし砕石が飛び散ります。
あいにくこの時期に丸太はありません。冬ならいくらでもあったのですが。やむなく太い目のクヌギの薪で締め固めました。そして散水しておきました。
160827-08
片手で掴んで打てるので意外と作業性が良かったです。
あとでよく考えたら、掛け矢や横槌の木口でという手もありました。



今日はベースしかコンクリ打ちしません。
前回まではベースと立ち上がりを一体の型枠で一度にコンクリ打ちしてましたが、今回の部分は長さがあるので(一度に打つのはしんどいので)2回に分けてコンクリ打ちします。
160827-09
なので上から二段目の横の鉄筋は(コンクリ打ちに邪魔なので)まだつけてありません。




ベース部分のコンクリ打ち完了です。
160827-10
このベース、体積的に1フネ半だったので、面倒だったのでいっぺんに1.5フネ分こねました。
つまりセメント1袋半、砂3袋、バラス4袋半を一度にこねました。これはかなりキツイ作業でした。




今年もど根性アサガオが(コンクリの目地から)生えてきて、花を咲かせております。
160827-30
近所にも野生化したアサガオがありますが、大抵この色です。そして小さいです。

去年のど根性アサガオはまだ大きくて美しかったのですが 、、、 
160827-01




薪棚の前に。
これはど根性ではありませんが、勝手に生えてきたにはちがいありません。カボチャです。一応雌花がついているので放置です。
160827-04




ポプラやオニグルミの木に一杯とまっていたセミが急に減りました。
秋です。












スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#1011 No title
今晩は。
いよいよ見えてきましたね。
通りがばっちり出ていることに感心します。
一体式(剛性)の型枠の成果でしょう。
 丸太を一個残しておけばよかったですね。
私は滅多に使いませんが、樫の玉でタコを作っています。
持ち手は2本で、コースレッドで玉の側面に縫い付けています。
 蝉は鳴き声を聞かなくなりましたが、それでもいきなり予想外のところでツクツクボーシが鳴くことがあります。
外は暑いですが、夜は、虫の鳴き声は盛んになってきました。
#1012 No title
yamadagagaさん、おはようございます。
やっと基礎の全体像が見えて来た気がします。基礎の向こうとこっちの斜辺への突き出しどうしが一直線になってくれていたので安心しました。

丸太、15cmくらいのなら探せば薪棚のどこかにはあるかもしれないですが、やはり20cmはほしいですね。来シーズンは一つ素直な形の玉を残しておきます。

アブラゼミ/クマゼミはいなくなりましたが確かにツクツクボウシは遠くから聞こえてきます。暑いとは言っても日中でも随分楽になりました。
#1013 No title
massanさん、おはようございます。

脱型後の仕上がり、まずまずだったようですね。
やはり、以前よりも念入りに突いた効果があったようです。

そして、最後の部分に入られピッチが上がってきたように思えます。
道具が壊れたのは面倒くさいことですが、順調に工事が進んでいる
感じを受けます。
もう今日には、立ち上がり部分もコンクリ打設されるのでしょうか。
どちらにせよ、9月初旬には基礎工事が完了しそうですね。

もう数日で9月になります。早いもので、秋の気配を感じますね。
#1014 No title
テツさん、おはようございます。
脱型後の仕上がり、正直な事を申し上げますと、念入りに突いたほどには仕上がりの美しさは得られませんでした。これが断続な手練りによるコンクリ打ちやバイブレーター不使用など素人がやる上で避けられない要因によるものだと思っています。親戚の土建屋はこんな物くらいならブロック積みで十分やで、と言っているくらいの建物なので、強度上に差し支えなかったら良しだと思う事にします。難関の部分(前回の部位)を越えたので気分的に楽にはなりました。この部分の立ち上がりのコン打ちは次の土日の予定をしています。

今日は朝から小雨が降っています。台風10号はえらい数字(気圧)で、関東の方がやばそうですね、お気をつけ下さい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する