お盆休みに入りました


お盆休みに入って3日、なかなか作業ばかりは出来ていません。なにせ初盆なのでこれが済むまでは近所の人が参りに来てくれたり、参りにも行ったり、そして準備もいろいろとあったりします。




根切り穴、更に幅や深さを掘って、ほぼ予定のサイズになりました。
160813-11




一応、丁張り(というにはお粗末)を打って水糸を張り、マスターで深さをチェックしました。
160813-09
前回の部分は深すぎて想定外のコンクリを使いましたから今回は少し慎重です。




一体どれだけの道具を使う気なのでしょう。写真に写っている道具以外にもヒラクチ、片手鍬、移植鏝などを使いました。
実際はこのうち3種くらいで十分でしょう。
160813-10




ヤマトタマムシ、今夏やっと見ました。いつももっと早くに見るのですが。
[広告] VPS

160812-21
160812-22




クマゼミ、8月に入って増えて来ました。
160813-05
160813-06
アブラゼミは草のしげみでもがいているのを多く見かけるようになってきました。おわりが近づいているのでしょうか、なんか切ないです。




新種のアブラゼミ、双頭蝉ですかね。
160813-07




オニグルミの木にクワガタさんのつがいもおりました。小さいです。
160813-08




新たにイノシシが荒らした痕が出来ていました。
160813-03
どんないい物があるのでしょう、こんな土の中に。




昼休みの読書の時間も大切にしています。今はこんな本を読んでいます。
160813-04
この作家の小説、結構好きです。最近ちょくちょく映画化されています。




ハイエース、23万kmを越えました。この秋で二十歳です。
160813-01
田んぼの薪小屋への進入路でぶつけた左の角の傷が痛々しいです。
160813-02
エレメントは上向きに付いているので、外す際には必ず手もオイルまみれになります。
オイルは6.5L入れますが、処理箱は4.5L用で丁度です。もう1台車があるので、2種類のオイル処理箱を準備するのは面倒なので4.5L用だけでやってます。


























スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#997 No title
今晩は。
 道具は少ししか使わなかっても、要るものはいります。
そしてそれは金象印に限ります。
 マスターは建築現場ではバカ棒と言いますが、深さだけでなく根伐巾も示しているのでバカ定規というのが正しいでしょうか。
 ヤマトタマムシ、やっとお出ましですね。
こちらでは、2,3年前に死骸を見たのみです。
もっとも、massanさんのブログで初めて知ったわけで、それまでは気づいていませんでした。
 双頭の蝉ですが、見たことがあります。
昆虫はより原始に近いので、そんなのが生まれるかも知れませんね。
 なんだかんだのうちに秋がやってきます。
朝夕は気温の変化を感じます。
無理せず、土方にいそしんでください。
#998 No title
yamadagagaさんこんばんは。
やはり金象印ですか、LIXILブランドの安いのも売っていますが。
バカ棒/バカ定規、立派な役を果たしてくれているのにかわいそうな呼称ですね。
ヤマトタマムシは我が家では数年前からです。たしか2010年にケヤキを持ち込んでからということかと思っています。
やや涼しくなった気がしています。昨日の土方は少々長く続けられました。それにしても土が邪魔で困っています。
#999 No title
massanさん、おはようございます。

基礎工事の方、少しずつ進まれているという感じですね。
お盆ですから、なかなか工事に集中することはできないと思います。
根切りの方がほぼできましたから、今度は型枠を入れることに
なるのでしょう。工事の方がうまく進むように祈ってます。

ヤマトタマムシ、綺麗ですよね。結構マニアでは好きな方がおられ、
オークションでも売買されているようです。
クマゼミは懐かしいです。さすがにここ群馬ではクマゼミはいません。
子供の頃によく捕まえに行ったことを思い出します。

イノシシ、また同じところに現れましたか。いったいそこに何がある
のでしょうか。不思議な現象ですね。

関東圏は現在あまり猛暑とういう感じではありません。でも、東海圏から
西日本が暑いようです。作業される時など、脱水症状にならないように
お気を付けください。
#1000 No title
テツさん、おはようございます。
ありがとうございます、なんとかこの部分の基礎を乗り越えればあとの作業はもう少し難易度が低いと思っています。

ヤマトタマムシのマニアがおられるのですか、初めて知りました。オークションもですか、ちょっとビックリではありますが、あの美しさなら納得でもあります。
クマゼミは群馬にはいない、意外ですね。こちらと大して気候は変わらない気がするのです。私がガキの頃はアブラゼミばかりだった記憶があり、クマゼミを見つけられただけで嬉しかったのですが、今は我が家ではどちらも多いです。ツクツクボウシ・ミンミンゼミ・ヒグラシは声だけ聞こえます。羽根が透明で似ているので見分けが出来てないだけかもしれません。

イノシシはミミズや甲虫の幼虫を食べるそうなのですが、わざわざこんな民家の中にまで来なくても里山にはいくらでも腐植があり虫もいるはずです。全く理解できません。

こちらも少し暑さは引きました。35℃には全然届いてないですね。昨年の方がもっと高温が続いてました。もう越えた感は十分にあります。テツさん暑いのが苦手とおっしゃってましたね、もう一息頑張って下さい。清々しい秋は目の前です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する