納屋増築は牛歩の如く遅々として


納屋増築、やはり遅々としています。
一体私は小さな物置の基礎ひとつにどれだけの時間をかけているのでしょう。
しかも分割施工のその一つの型枠に3日目です。
160725-50
毎回同じ図でスミマセン。




まずは買って来た資材をおろします。
160730-01
セメント5袋は屋内へ積みました。




羽子板を作って両脇に鉄筋を溶接、3組作製です。
160730-06




そして配筋。φ13鉄筋を溶接で組みました、完成です。羽子板は置いてみただけです。
160730-07
縦の鉄筋は本当はU字型に曲げて上からかぶせるようですが、私は片側だけです。間隔も広いかもしれません、まあ住居ではないし真似事です。




型枠の中に入れてみました。実際の施工時は鉄筋がセパレーターの上に引っかかる形(針金で固定)になります。
160730-02




早く穴を掘らねば、なのですが、掘った土のやり場がないので頭を抱えております。今度はかなりの土が出そうです。





スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する