納屋増築関連~根切り



これまた同じ日6月18日の午後、M森くんが薪を積んで帰った後の作業です。カテゴリー違いで別記事にしました。




まずは昨日買って来た資材を車からおろして一輪車で現場に搬入です。合計600kg以上あります。夜勤の前に買ってハイエースの荷室の後部に積んで走っていたので、夜勤の帰りの対向車は眩しかったかもしれません、ゴメンナサイ。
ちなみにハイエースは1250kgまでOKです。見た目には少し後が下がった程度ではありましたが、ライトはロービームでも明らかにいつもよりは上を照らしていました。
160618-05




根切りというのでしょうか、専門用語はほとんど知りません。ようするに基礎工事をする為の穴を掘ってコンクリうちの床を作ります。これは肉体労働そのもので、これ以外の言葉は見つかりません。しんどいです。もうこの穴の中に入って横になりたいくらいです。
160618-08
合板で作ったマスターは立ち上げ幅が120mm、基礎土台部分の幅が330mm、全高が550mmで、マスターから基礎天端の水糸までが100mm前後あります。この100mmに砕石を敷いて締め固めます。深さはこれで良いと思いますが幅がまだ狭いと思います。型枠が入るのは入ってもコンクリ打ち後に型枠をばらすスペースが必要です。型枠は組んだ状態で水平と通りを出して宙に浮いた状態で杭に固定するつもりです。こんな方法が良いのかどうか知りませんが、素人の発想です。たぶん本職が見たら笑うでしょう。




実作業はここまでで、穴は合板でフタをして終了です。
160618-04




カップセパレーターなるものを買ってきました。基礎の型枠を組む際に幅を決める金物です。型枠取り外し時に先端を叩いて折るそうです。カップ除去後の穴はノロ(セメントのみを練った物)で埋めます。
160618-06
160618-07





6月19日作業分

本日はずっと雨が降っておりました。納屋増築部分の設計や基礎の型枠を車庫で作っておりました。
現在進めている基礎の部分は赤い所です。
160619-04




買ってきた針葉樹合板を切って、薪棚解体廃材の2x4材を利用しながら、あらかたの形ができました。カップセパレーターを使って仮組みしてみました。
160619-01
長さ1880mm、立ち上げ部分幅120高さ450、ベース幅300高さ100です。
あとは現地へ運んでから組み立てて配筋して位置を決め固定します。




離型剤、必要なのか不要なのかも知らないのですが、塗るにこしたことは無いでしょう、13年の眠りから覚めたオスモカラーの室内用ウッドワックスです。13年前に納屋を建てた時に買って使った残りです。室内用は撥水性が高くしてある(室外用は水玉がレンズ効果で木に悪さをするのではじきにくくしてあるそうです)ので油分が多いせいでしょうか、固まっていません。それにしても植物油は樹脂化が速いはずなのですが。
160619-02
160619-03
何故針葉樹合板など使うのか、と言われそうですね。たしかに表面が粗いし抜け節も多いですが、余ってしまった時に針葉樹合板は風合いがおもしろいので使い回しが出来るからです。




スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#935 No title
 お早うございます。
いよいよ着手、骨材だけでもこれだけもあり(一部かも)ですか、気が遠くなります。
しっかりとした基礎です。旧の住宅金融公庫仕様の2階建て基礎の規準相当はあります。
長ものを立てかけての収納もありとのことで階高があるのでしょう、これぐらいやっておけば安心ですね。
 ベースと立ち上がりを一発打ちですか。
モルタルをペール缶で撹拌機で練り、それをフネにあけて砂利を足して練るぐらいでないと、コンクリートが間に合わないかもですね。、
立ち上がり型枠は松杭などを打って天端そろえで載せるのが早いです。
鋼製束をモルタル固定してレベル調整も出来ますが、位置出し据付が結構面倒です。
工法はプロとて大差ありません。
 ご健闘ご安全を祈ります。
 
#936 No title
massanさん、こんにちは。

基礎工事は、1度実習でやっただけなのでいいコメントはでき
ませんが、寸法出しに正確さが必要になりますよね。
おそらくアンカーは打たれるのでしょうが、その精度によって
建方の施工状況が変わりますから難しい工事だと思います。

なかなか作業時間のない中で、基礎を仕上げるのは大変かと
思いますが、よい仕上がりになるよう願っております。

作業におかれましては、お怪我のないようにご注意ください。
#937 No title
yamadagagaさんこんにちは。心強いお言葉ありがとうございます。
本日は雨で休工、設計か車庫で型板切りくらいです。

この資材は南壁右側部分だけの分です。セメントは5袋ほど納屋の中にあります。
ベースと立ち上がりは一発打ちになります。配合比率の安定を考えるとセ1:砂2で練ってから砂利3を加えて練って打っての繰り返しにならざるを得ません。計算ではベースだけで1フネ分ちょうどのようです。立ち上がりは2フネ弱です。2フネまでは連続練りの自信あり、そのあと10分くらいは休憩して3フネ目を練ればなんとかなるかと思っています。コンが少しくらい足りないのは天端をモルタルで出すので良いのですがコンが余ったらどうしようか...根切り穴の隅に流す、ですかね。
組み立てた木の箱についた角材の腕を横に長めに伸ばしておいて、鳥居の高さを角材分引いて水平に打ち込み、この鳥居に木箱をのせて水平・高さが出ていたら水糸を正規の位置+3mmにして通りを合わせて固定しようと思っています。思っているとおりに行く気がしないのが問題点です(笑)。
#938 No title
テツさんこんにちは。いつもご心配頂きありがとうございます。
土台を敷かないのでアンカーボルトを使わず羽子板で柱を固定します。羽子板を先に型枠上部の所定の位置に出したステーに固定してからコンクリ打ちします。ズレは柱の穴位置や柱への彫り込みで合わせようと思っています。思っているとおりに行けばの話しとなりますが。
#939 「massan」 の語源は?
お疲れ様です。。
「massan」 の語源を、差し支えなければ教えて下さいませ。
#940 No title
杣家さんこんばんは。
massanは私の名前から来ています。小1の時から地元のツレからはそう呼ばれています。この呼称は結構多いようで、パスワードにしようと思っても「既に使われています」と返ってきます。

杣家さんも実名ではないのですね、最近知りました。私もかつてネット上の書き込みで「杣山樵」などと名乗ったことがありました。
#941 No title
今晩は。
 毎回批評をするようで申し訳ないですが、 
型枠は転用するでしょうから剥離剤は塗ったほうがいいでしょう。
メーカーのいう、撥水のレンズ効果はちょっと大げさな気がします。
ベースの蓋がありますが、コンが廻りにくいので竹竿でしっかりつつくしかないですね。
角材より竹竿がいいです、それともバイブレ。
型枠が横桟なしのようですが、留めの枠も入るしスパンが短いですが、それでも有ったほうが通りの正確さや移動の施工性で楽かと思います。
竪桟が短いので、面木とともにこれから入れるのでしょうか。
 道は遠いですが、先を考えずにぼちぼちですね。
#942 No title
yamadagagaさんこんばんは。
何度でも批評お願いしますです、ありがとうございます。何も知らんモンがやってる訳ですから。

ベースのフタ、一体物で作るとこれがないとつながらないのでつけました。それとも断続で空気抜きが出来るようにした方が良いのでしょうか。つっつくのは竹竿が良いのですね、探してみます。

型枠の天端に横桟つけますヨ、剛性が全然足りないですから。雨が結構降っていたので角材を取ってくるのが億劫で後回しにしました。そしてその横桟から羽子板を固定するステーを出します。面木はつけないつもりです。ピンピンがきになったらサンダーで軽く削ります。

ただ、今ちょっと変更を検討しています。ストレートではなく「レ」の形にしようかと。斜辺の方へ少しだけ出そうかと。そして対辺の基礎からも迎えを出そうかと。そうすると斜辺の型枠は挟み込むだけで良くなるので楽かなと。しかしうまくちょくせんにつなげられるかが課題になります。次の土曜日がまた雨の予報なので車庫でいじります。そして翌日曜日は所用なのでコン打ちはまた先伸ばしになります。
#943 No title
今晩は。
 こちらは大雨です、作業場の樋のあちこちから溢れています。
コメント記入中にNETが再三ダウンし、Wordに避難しています。
大雨の影響でしょう。

 竹は軽くて長く突きやすく抜きやすい、気泡が出来にくいと教わりましたが、実践はバイブレーターのみで比較したことはありません。
 ベース蓋部分には、空気抜き(コンが廻ったかの目視用点検孔を兼ねて)が有ったほうがいいです。
手練りですから、軟度、量とも調整できますから、コンが噴き上げることはないでしょう。
 「レ」はグッドアイデアです。
どのみち難しい部位ですから、今回手間をかけたほうがいいと思います。
打型後の現場合わせより、作業性のいい倉庫で先行で作ったほうがいいですね。
 打設前はベース底、型枠とも散水(濡れる程度)して、コンの水分だけが取られないようにしましょう。
 今回は以上です。
#944 No title
yamadagagaさんこんばんは、アドバイスありがとうございます。
本当にお手数掛けます、助かります。もしかして竹の節は抜いておいた方が良いのかもという気が今しました。だとすると軽い金属製パイプもアリという事ですね。
ベースのフタは両端とまん中があれば固定できるので断続にするか、それだと下部の剛性不足(直線維持の観点で)となりそうなら40角を添えるかします。どうせ雨なので時間をかけられます。
散水ですね、コン打ち前の散水と凝固後の養生に散水もしようと思っています。
#945 No title
お早うございます。
 前言撤回です。
レの部分ですが、型枠の小口の写真を再度見ましたが、ベース一体ですから、ここを加工するとなると、脱型後に現場合わせで施工するほうが楽そうですね。
型枠も傷めなくて済みます。

型枠のセパ穴埋めは”プラセン”が便利です。
木製のダボでもOKですが。
 
#946 No title
yamadagagaさん、度々ありがとうございます。
ベース一体だと脱型後に現場合わせの方が楽、の意味が私にはよく理解できないのですが、土曜日は雨決定とさきほど言っていたので、車庫の中で少しでも進められる作業を進めて晴れた日の作業を減らしたいと思っています。スライド丸鋸は60°までいけるので、今の型を一旦ばらして30゜と60°の隅木を作って「レ」の型枠にするくらいはなんでもありません。問題は緻密な型枠になりすぎてバラセなくしてしまわないかですね(笑)。あと合板も何枚か買ってあるので大丈夫です。使用後の合板は、増築部の棚板に再利用できます。今の私にとって一番優先すべき事は、型枠設置~コンクリ打ちなので、それまでの時間や材料は少々かかっても大丈夫です。本職にやってもらう事を考えれば安いものです。

セパ穴を埋めるプラセンですか、タイヤの空気口のフタによく似たヤツのことですね。メチャクチャ一杯入って1袋1500円くらいしていたので、保留にしました。いざとなればシリコンや木工パテ、丸棒打ち込みなどでもなんとかなりそうです。脱型後に凸は削ってやれば良いですよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する